KOBE C 情報 先月号

KOBE C 情報 先月号

KOBE C 情報 フルート便り

 

先日、神戸国際フルートコンクールの予備審査が4日間にわたり行われ、神戸で演奏するフルーティストたちを選びました。神田寛明氏、工藤重典氏、佐久間由美子氏、竹林秀憲氏、そして私の5人の審査員で240人の応募者の録音を聴き、その中から50人を選出するというけっこう気の長い作業です。途中東京では滅多にない時季外れの積雪があり電車のダイヤが乱れましたが、その日も皆無事に会場にたどり着く事ができ、沢山のおやつとコーヒーで疲労を癒しながら最後まで聴き終えることができました。それぞれ個性豊かな応募者の中から予選通過者を選び出すのはたやすいことではなかったですが、聴く人たちを魅了するであろうフルーティストたちを選ぶことができたと思います。皆さんどうぞ聴きにいらしてください。

 


酒井秀明
北海道出身。1977年国立音楽大学卒業後、ドイツに渡りパウル・マイゼン氏に師事。1979年ミュンヘン国際音楽コンクールで第3位入賞(1位なし)、1983年ジュネーブ国際音楽コンクールで第2位入賞(1位なし)する。フィルハーモニア・フンガリカのソロ・フルーティストとなりヨーロッパはもとより世界各地で活躍。1995年帰国。現在、日本フルート協会副会長および、洗足学園音楽大学客員教授。また、リサイタル、ソロ、室内楽などでも幅広く活躍中。

ページの先頭へ戻る