KOBE C 情報 先月号

KOBE C 情報 先月号

KOBE C 情報 アートミュージアム

アートミュージアム
アドルフ・ヴェルフリ(1864-1930/スイス)は、最も有名なアウトサイダー・アート/アール・ブリュットの芸術家の一人。人生の大半を精神病院で過ごし、そこで彼は45巻25,000ページにわたる壮大な“自叙伝”を作成。その作品は戦前のシュルレアリスムの画家たちにも影響を与えた。今回は日本初となる回顧展で、4メートルを超える大作など、第一級の作品が一堂に会する。
※専門的な技巧や美術界の流行にとらわれず、内面を無意識に表現する独創的な絵画や造形物のこと。


フランスの現代美術家、ジャン・ル・ギャックは、大衆小説や冒険小説などからインスピレーションを得た作品などを数多く制作している。今展では絵画と写真で構成したナラティヴ・アートや、コラージュを用いたペーパーワークを中心に紹介する。


多彩な光の表現で知られる笹倉鉄平の、花を描いた作品ばかりを集めた企画展。クロアチア南部の港町・スプリトの朝日に輝く花市場やオランダ・ユトレヒトの運河沿いのベンチにそっと置かれた花束など、幸福感あふれる作品がそろう。

神戸市立博物館 078-391-0035
休館日:月曜

古代ギリシャ-時空を超えた旅-

開催期間:12月23日(金曜日・祝日)~2017年4月2日(日曜日)
料金:一般1,500円、大学・高校生1,100円、中学・小学生600円

神戸市立小磯記念美術館 078-857-5880
休館日:月曜

パリに生きる パリを描く
M氏秘蔵コレクションによる

<同時開催>
小磯良平作品選Ⅳ―油彩―

開催期間:~2017年2月19日(日曜日)
料金:一般800円、大学・高校生600円、中学・小学生400円

神戸ゆかりの美術館 078-858-1520
休館日:月曜

神戸ゆかりの芸術家たち
―素描コレクション展―
美しきリガ風景

ラトビア共和国の首都・リガを描いた小松益喜の作品ほか、素描作品を展示。

開催期間:~2017年3月26日(日曜日)
※前期~2017年1月29日、後期2017年2月1日~3月26日
料金:一般200円、高校・中学・小学生・65歳以上100円

神戸ファッション美術館  078-858-0050
休館日:月曜

神戸開港150年記念
ファッション都市神戸
輝かしき国際港と地場産業の変遷

開港以来、外国との交流によって発展し根付いた神戸の文化と産業に光を当てる。

開催期間:2017年1月19日(木曜日)~3月26日(日曜日)
料金:-般500円、高校・中学・小学生・65歳以上250円

横尾忠則現代美術館 078-855-5607
休館日:月曜

ようこそ!横尾温泉郷 

開催期間:開催期間:~2017年3月26日(日曜日)
料金:一般700円、大学生550円、高校生・65歳以上350円、中学生以下無料

KOBEとんぼ玉ミュージアム 078-393-8500
休館日:期間中無休

Art Marble & Paperweight 2017

開催期間:2017年1月14日(土曜日)~4月3日(月曜日)
料金:一般400円、中学・小学生200円

BBプラザ美術館 078-802-9286
休館日:月曜

日本画との対話 自然と人間

開催期間:~2017年2月19日(日曜日)
料金:一般400円、65歳以上200円、大学生以下無料

六甲オルゴールミュージアム 078-891-1284
休館日:木曜

からくり人形 西洋と日本 
西洋の自動人形や日本の江戸からくりなど、さまざまなからくりを実演する。

開催期間:12月26日(月曜日)~2017年3月1日(水曜日)
料金:中学生以上1,030円、4歳~小学生510円 ※入館料として

香雪美術館 078-841-0652
休館日:月曜

香雪美術館 所蔵品展2017

開催期間:2017年1月21日(土曜日)~2月26日(日曜日)
料金:一般700円、大学・高校生450円、中学生以下無料

兵庫陶芸美術館 079-597-3961
休館日:月曜

やきものを分析する 釉薬編 
器を彩る釉薬に焦点をあて、その歴史や特徴を、館蔵品を通して紹介する。

開催期間:~2017年2月12日(日曜日)
料金:一般600円、大学生500円、高校生300円、中学生以下無料

明石市立文化博物館 078-918-5400
休館日:会期中無休

艶美の競演 
東西の美しき女性 木原文庫より
関西初の木原眞人コレクション展。鏑木清方、上村松園らの美人画などを展示する。

開催期間:2017年1月4日(水曜日)~2月5日(日曜日)
料金:一般1,000円、大学・高校生700円、中学生以下無料

西宮市大谷記念美術館 0798-33-0164
休館日:水曜

日本画にみる 四季のうつろい
館蔵品の中から四季の美しさを描いた日本画の優品約50点を展示する。

開催期間:2017年1月2日(月曜日・休日)~2月12日(日曜日)
料金:一般500円、大学・高校生300円、中学・小学生200円

芦屋市立美術博物館 0797-38-5432
休館日:月曜

art trip vol.02
この世界の在り方 思考/芸術

開催期間:~2017年2月12日(日曜日)

<同時開催>
昔のくらし

開催期間:~2017年2月26日(日曜日)
料金:一般600円、大学・高校生500円、中学生以下無料

伊丹市立美術館 072-772-7447
休館日:月曜

しりあがり寿の現代美術 
回・転・展

「回転」をテーマに、マンガだけに収まらないしりあがり寿像に迫る。美術作品から日用品まで、あらゆるものが回り出す大規模な新作も展示。

開催期間:2017年1月14日(土曜日)~3 月5日(日曜日)
料金:一般800円、大学・高校生450円、中学・小学生150円

白鹿記念酒造博物館 0798-33-0008
休館日:火曜

節句の人形
西宮の酒造家で飾られてきた雛人形と五月人形のほか、京都・丸平文庫所蔵の雛人形を展示。

開催期間:2017年1月25日(水曜日)~3月5日(日曜日)
料金:一般400円、中学・小学生200円
※記念館・酒蔵館共通券

ページの先頭へ戻る