KOBE C 情報 先月号

KOBE C 情報 先月号

KOBE C 情報 シネマ

シネマ

 

謎につつまれた15~16世紀の画家、ヒエロニムス・ボスの素顔に迫るドキュメンタリー。スペインのプラド美術館が所蔵し、いまだ決定的な解釈のなされていない彼の代表作「快楽の園」が、世界中のクリエイターに与えた影響を検証する。美術史家をはじめ作家、歌手、漫画家などさまざまな分野の専門家たちが登場し、同作に込められた思想と制作の秘密を紐解いていく。

 

 

神戸アートビレッジセンター KAVCシアター

新春!ニッポンの喜劇映画セレクション
日本の笑いのルーツを作った喜劇人たち

藤山寛美、大村崑、森繁久彌、ミヤコ蝶々、藤田まことといった1960年代の喜劇人の代表作をセレクト。「番頭はんと丁稚どん」ほかを上映。漫才作家の大池晶によるトークイベントも1月20日(土曜日)に開催。

日時:2018年1月18日(木曜日)~22日(月曜日)
料金:1,100円、3回券3,000円(期間中有効)、トークイベントのみ500円
※本特集上映作品の半券でトークイベント無料
お問い合わせ:神戸アートビレッジセンター 電話:078-512-5500

神戸アートビレッジセンター KAVCホール

ラスト・タンゴ 
アルゼンチン・タンゴの魅力を世界に広めた伝説のペア、マリア・ニエベスとフアン・カルロス・コペスの50年におよぶ愛憎を描くドキュメンタリー。

日時:2018年1月19日(金曜日) (1)11時時30分 (2)14時30分 (3)19時
                     20日(土曜日) (1)11時時30分 (2)14時30分 (3)18時
料金:一般1,700(前売り1,300)円、大学生以下・障がい者・シニア1,300円
お問い合わせ:神戸映画サークル協議会 電話:078-371-8550

パルシネマしんこうえん

ハイジ
アルプスの物語

名作児童文学の実写版。
※「美女と野獣」と2本立て

日時:13月30日(土曜日)~2018年1月12日(金曜日)
料金:一般1,200円、大学・専門学生・シニア1,000円、高校・中学生900円、小学生700円
お問い合わせ:パルシネマしんこうえん 電話:078-575-7879

元町映画館

16mm劇映画
月夜釜合戦

釜ヶ崎で繰り広げられる人情喜劇

日時:2018年1月6日(土曜日)~12日(金曜日)
料金:一般1,700円、学生1,000円、シニア1,100円
お問い合わせ:元町映画館 電話:078-366-2636

兵庫県立美術館 ミュージアムホール

KEN-Vi名画サロン 
マリア・カラス 伝説のオペラ座ライブ上映

マリア・カラスの絶頂期、オペラ座デビュー公演をとらえた映像。

日時:2018年1月13日(土曜日) (1)10時30分 (2)14時
料金:2,500円
お問い合わせ:兵庫県映画センター 電話:078-331-6100

ページの先頭へ戻る