KOBE C 情報 先月号

KOBE C 情報 先月号

KOBE C 情報 今月の特集(目の不自由な方むけ)

コンサートで味わう
めくるめく音楽の時間旅行

 

日常の中にさまざまな音楽があふれている神戸。9月は神戸とその周辺の街で、中世、バロック、古典、ロマン派など様々な時代の音楽が奏でられる。中には目にする機会が少ない楽器が登場する公演も!それぞれの時代の音楽にたっぷり浸って、音楽の時間旅行に出掛けてみよう。

音楽で楽しむ時間旅行

それぞれ異なる時代の音楽を取り上げる4つの催し。出演者からのコメントも参考に、各時代の音楽により親しんで!

 

豊かな中世の音楽を発見
文化サロン“話題探訪”トーク&コンサート
中世ヨーロッパの音楽と楽譜
〔伊丹アイフォニックホール〕

 

10世紀~15世紀の楽譜を見て歌うなど、体験しながら中世ヨーロッパの音楽について学べる講座。ヴァイオリンの祖先と考えられている楽器、ヴィエール(中世フィドル)の演奏とともに講師の坂本卓也がその音楽の世界を案内する。

日時:9月3日(月曜日) 19時
場所:伊丹アイフォニックホール 小ホール1
   
(伊丹市宮ノ前1-3-30)
料金:1,500円
お問い合わせ:同ホール 電話:072-780-2110

もっと知りたい!
中世のヨーロッパには様々な音楽があふれていたと考えられています。教会では日課として聖歌が歌われ、貴族の食卓には音楽を演奏する楽師がつき、吟遊詩人が恋の歌を歌い、庶民は酒場で歌い踊り、放浪の楽師は町から町へはやり歌を伝えていたことでしょう。
(坂本卓也さん)

 

当時の楽器と歌で聴くバロック音楽
シュッツとヴェネツィアの音楽家たち2
〔サギタリウス350〕

 

17世紀初頭~18世紀中頃のバロック音楽の初期を飾るドイツ人音楽家ハインリヒ・シュッツとイタリア人クラウディオ・モンテヴェルディの声楽曲を、コルネット、テオルボ、ヴィオラ・ダ・ガンバという当時の楽器で演奏する。歌はバッハ・コレギウム・ジャパン他古楽グループで演奏を重ねる緋田芳江と鈴木美紀子。

日時:9月9日(日曜日) 16時
場所:神戸雲内教会(灘区八幡町1-6-9)
料金:3,500(前売り3,000)円、学生2,000円
お問い合わせ:サギタリウス350 電話・FAX:078-801-0040

ここがポイント!
歌詞を伝えるために語るように歌い奏でること、劇的な表現や華麗な装飾など、当時最先端のバロック様式をイタリアからドイツにもたらしたシュッツ。古楽器での演奏は、いにしえの響きを今によみがえらせます。
(緋田芳江さん)

 

古典派音楽の代表的オペラ
うはらホールオペラシリーズ vol.4
フィガロの結婚 全4幕
〔うはらホールオペラ実行委員会〕

 

18世紀中頃~19世紀初めごろの古典派音楽を代表するモーツァルトのオペラ「フィガロの結婚」を、独唱、合唱、管弦楽の華やかな生演奏で堪能できる。舞台設定だけを現代に移すので、よりオペラの世界を身近に感じられそう。

日時:9月16日(日曜日)・17日(月曜日・祝日) 14時30分
   
※14時10分~プレ落語
   
(役替わりで両日出演するオペラ歌手で落語家の橋本恵史が、ストーリーを落語で分かりやすく紹介する)
場所:東灘区民センター うはらホール(東灘区住吉東町5-1-16)
料金:特S席5,000円、S席5,000円、A席3,500円、学生席2,000円
お問い合わせ:ムジカヴィーヴァ 電話:078-436-1077

注目しよう!
親しみやすくて分かりやすいシンプルな旋律がモーツァルトらの活躍した古典派の音楽の魅力です。今回は近年盛んな“読み替え”で、舞台を古城から現代の寄宿舎へ。オーケストラを小編成にした、歌手の声がストレートに伝わる臨場感あふれるオペラを披露します。
(フィガロ役(9月16日) 伊藤正さん)

 

新生楽団が奏でる新しい時代の音楽
第144回定期公演
無調への予感、詩が喚起するもの
〔神戸市室内管弦楽団〕

 

19世紀~20世紀初頭のロマン派音楽の中で大きな影響力を持ったワーグナーと、20世紀初頭を中心に活躍した作曲家集団・新ウィーン楽派のシェーンベルクの作品を演奏。「ジーグフリート牧歌」では、楽団に新加入のホルンとオーボエをはじめとする管楽器との響きを楽しめる。指揮はR.ボーン、メゾソプラノは寺谷千枝子。

日時:9月22日(土)14:00
場所:神戸新聞 松方ホール(中央区東川崎町1-5-7)
料金:一般4,000円、25歳以下1,000円
お問い合わせ:公益財団法人神戸市民文化振興財団演奏課 電話:078-361-7241

作品をより味わう!
オペラの世界で一時代を築いたワーグナーと、20世紀に向け新たな音階法を追求したシェーンベルク。家族愛から男女の不倫愛まで、3つの「愛」にまつわる作品をどのように表現するか…どうぞご期待ください。
(神戸市室内管弦楽団)

ページの先頭へ戻る