KOBE C 情報 先月号

KOBE C 情報 先月号

KOBE C 情報 今月の特集(目の不自由な方むけ)

世界の文化を巡る秋

 

造形力・鋳造技術ともに頂点を極めた中国・古代王朝の青銅器、スコットランドを発祥とし今や世界中で愛されるデザイン「タータン」、アメリカで生まれ神戸を象徴する文化として定着したジャズ。神戸を代表する美術館とイベントで、3つの傑出した文化にじっくりたっぷり浸ってみよう。

悠久の歴史を身近に 古代中国の青銅器

世界有数の古代中国の青銅器コレクションを所蔵する白鶴美術館。青銅器についての疑問を、同館顧問の山中理さんに質問した。

 

殷周(いんしゅう)青銅器-美術としての立体造形-

日時:9月22日(土曜日)~12月9日(日曜日)
休館:月曜(祝日の場合は翌日)
※新館で「近代中東絨毯-点描画としての美-」を同時開催
場所:白鶴美術館(東灘区住吉山手6-1-1)
料金:一般800円、65歳以上・大学・高校生500円、中学・小学生250円
問い合わせ:同館 電話:078-851-6001

 

Q1. 青銅器とはどんなものですか?
A 銅を主成分とし、錫や鉛を含む合金製の器です。作られた当時は金や銀色に輝いていましたが、長い年月を経て金属が酸化して緑がかった色になります。

Q2. 白鶴美術館の青銅器コレクションの特徴は何ですか?
A 青銅器が最も発達した紀元前1300年~同950年頃にかけての殷(商)後期、西周前期時代の青銅器であることです。重要文化財も会期中8点を展示。祭祀や儀礼に用いる青銅器は大きく食器・酒器・水器・楽器に分かれ、同館で所蔵する大部分は酒器です。

Q3. 殷・西周時代の青銅器が傑出しているのはどんな点ですか?
A 精緻な文様を造り出す鋳造技術は、他文明と比較しても例がないほど傑出しています。また、器の形がバラエティに富んでいるのも特徴です。殷の国政運営は祭祀に拠るところが大きく、その種類の豊富さは祭祀の内容と関係が深かったと考えられます。

Q4. 鑑賞する際の着目点を教えてください。
A「文様」「銘文」「器の形」に注目してみてください。当時の神々を表した饕餮(獣面)や龍、鳳(古代中国の想像上の鳥)、雷などで多彩な文様が形作られています。また、銘文が施されている青銅器もあります*。文字は、中国最古の体系的な文字「甲骨文字」に基づいており、当時の人の考えを今に伝えています。種類豊富な器の形は、「どうしてこの形が生み出されたのだろう」と考えるとおもしろさが増すのではないでしょうか。じっくりと鑑賞して、ぜひ自分にとって心ひかれるものを見つけ出してください。
*青銅器に施された銘文は金文という

山中さんが展示作品を解説

「饕餮夔龍文方卣」(とうてつきりゅうもんほうゆう)
吊り手の滑らかな曲線からは、高度な鋳造技術を実感できます。

「象文卣(ぞうもんゆう)(臣辰卣)」(しんしんゆう)
当時、重要な労働力だったと考えられる象が表されています。蓋の裏と、身の内側の底には50字の金文が記され、のぞいて見ることができます。

「」内の作品名には文様の種類と器の種類が記載されています。

 

神戸ジャズストリートで満喫するジャズ

全国のジャズファンが心待ちにする「神戸ジャズストリート」。今年も約200人のミュージシャンが自由自在な組み合わせで魅力的なジャズを披露する。実行委員長の川崎啓一さんに、初参加の人もイベントをたっぷり楽しめるポイントを紹介してもらった。

日時:10月6日(土曜日)、7日(日曜日) 12:00~17:00
※両日とも11時から阪急「神戸三宮」駅北側からパレードをスタートし、北野坂を北上する。
会場:神戸倶楽部、北野工房のまち、NHK神戸放送局、神戸女子大学教育センター、Day by Day*、ソネ*、インドクラブ、神戸バプテスト教会、ホテル北野プラザ六甲荘*
料金:1日券4,500円(前売り4,000円)、両日券8,500円(前売り7,500円)
※前売り券は*の会場のほか、神戸文化ホールプレイガイド078-351-3349などで販売。
当日券販売場所:本部(メディセオ駐車場)、ホテル北野プラザ六甲荘、神戸倶楽部、北野工房のまち、神戸女子大学教育センター、ソネ、東京そば正家本店前
お問い合わせ:神戸ジャズストリート実行委員会  電話:080-3864-2011
                  (公財)神戸市民文化振興財団     電話:078-351-3597
WEBサイトはこちら

 

今年のゲストは22歳!
毎年注目を集める海外からの招聘ミュージシャン。今年は、22歳ドイツ出身のトランペット奏者、ティモ・ニズテロック。古典ジャズへの理解も深く、幅広いレパートリーを持つ彼の演奏は注目です。

ジャズ界の巨匠に出会える。
東西のジャズの重鎮が集まるこのイベント。半世紀以上関西のジャズ界をけん引してきた鍋島直昶(ヴィブラフォン)、大塚善章(ピアノ)、宮本直介(ベース)が出演します。3人はゴールデン・シニア・トリオとしても有名です。東京を拠点に活躍する日本のジャズを代表する北村英治(クラリネット)と秋満義孝(ピアノ)も参加。神戸で演奏を聴くことができる貴重な機会です。

海外奏者との競演も魅力!
今年はオランダ、フランス、アメリカ、ノルウェーからも奏者が参加。日本と海外の奏者がジャズを通してコミュニケーションをとり、作り上げるステージの楽しさをぜひ味わってください。

華麗なる歌姫たち
関西を拠点に活躍するボーカリスト9人が勢ぞろい。東京からは熊田千穂が出演。今年の神戸新開地ジャズヴォーカルクィーンコンテスト準グランプリのSaaNaは愛知から。

1つの会場でじっくり鑑賞も
1日に40を超えるステージが繰り広げられ、様々なスタイルのジャズを楽しめます。代表的なスタイルの一つ、ニューオリンズジャズを楽しみたい人にぴったりな会場が神戸バプテスト教会です。2日間に5バンドが、古くから教会で歌われてきた音楽も交えて演奏します。

前日からの楽しみも
出演者とともにテーブルを囲んだ食事と生演奏を楽しむ前夜祭も。予約制。
日時:10月5日(金曜日) 19時~21時30分
場所:ザ マーカススクエア神戸
(神戸ハーバーランドホテルクラウンパレス神戸内 中央区東川崎町1-3-5)
料金:15,500円(神戸ジャズストリート1日券付き)・19,000円(神戸ジャズストリート両日券付き)
お問い合わせ 電話:078-381-5036

ファッションの秋をタータンで楽しむ

日本でも親しまれている格子柄のデザイン「タータン」。その歴史とファッションの可能性の広がりを、ファッションをテーマにした公立で日本初の美術館「神戸ファッション美術館」ならではの多彩な展示で紹介する。

スコットランドからの贈りもの
タータン展

日時:~11月11日(日曜日)
休館:月曜(祝日の場合は翌日)
場所:神戸ファッション美術館(東灘区向洋町中2-9-1)
料金:一般1,000円、大学生・65歳以上500円、高校生以下無料
お問い合わせ:同館 電話:078-858-0050

見どころとポイント

タータンとは
身の回りでよく目にするデザイン「タータン」。現在、①2色以上の色を使い、それらの糸が直角に交わる格子柄であること②縦糸と横糸に使う糸の色と数が同じで、基本パターンが繰り返されること、という2つの要素がその定義とされている。タータンの登録管理は「スコットランド・タータン登記所」が行っている。

歴史を知る
スコットランドのハイランド地方の民族衣装として発展してきたタータン。当初は、彩色したウールを綾織りにした毛織物で、氏族によって使用する色や柄が決まっていたという。着用が禁止された時代もあったタータンの歴史を、19世紀の風刺画や肖像画などを通して紹介する。

多彩なタータン
民族衣装から王室用、さらには日本にブームを巻き起こした様々なタータンを展示。神戸ファッション美術館が所蔵する歴史的な衣装や布地100種類以上、現在スコットランドで活躍するデザイナー6人による最新作品なども間近で見られる。

神戸タータンの物語
神戸開港150周年を記念して誕生した「神戸タータン」を取り入れたドレスなども、特別展示される。「150年以降も残り続けるもの」として、市内の商業者有志らを中心に考案された「神戸タータン」。神戸港の青を基調に、歴史的洋館建築の白、ポートタワーや神戸大橋の赤、六甲山の緑など神戸にゆかりのある5色を組み合わせて構成。業界の垣根を越えたコラボグッズが販売されるなどその活用が広がっている。

ワークショップも
気に入ったタータン生地を選んで、ペットボトルのふたを使ったかわいいプチハットが作れる。
日時:10月6日(土曜日)・20日(土曜日) 14時~17時
場所:同館1階ドリンクコーナー付近
料金:200円 ※要当日入館券

神戸ファッション美術館 学芸員 中村圭美さんより
昨年のパリコレでも取り上げられたタータン。アクセントにもなり、それ自体も主張するデザインが魅力ですね。ファッションの秋にぴったりの展覧会で、タータンを総合的に知って楽しんでください。

ページの先頭へ戻る