KOBE C 情報 今月号

KOBE C 情報 今月号

KOBE C 情報 今月の特集(目の不自由な方むけ)

神戸の若手劇団の舞台
観客も登場人物になる舞台
シアターで観るオペラ、演劇の舞台
「観る」「参加する」「感じる」―舞台の楽しみ

 

個性あふれる神戸の劇団の舞台や、観客も作品の登場人物になれる舞台、臨場感いっぱいのスクリーンで鑑賞する舞台まで。この夏は、さまざまな角度から舞台を楽しめる催しがたっぷり。舞台の魅力を堪能しよう!

いっぱい・さまざま
舞台の楽しみ方

作品の世界にぐっと近づける「観る」「参加する」「感じる」舞台をぜひ体感してみよう。

 

「観る」

 

神戸ドラマ倶楽部 第23回公演
「ミクちゃん、 お風呂の時間です。」

1995年に立ち上げ、20代メンバーが半数を占めるフレッシュな劇団。一体感と温かみを感じる芝居づくりに定評がある。作品は、物忘れのある母親と、束の間、都会から戻ってきた娘との切なくて優しいお話。

日時:8月4日(土曜日) (1)15時 (2)18時30分
             5日(日曜日) (1)11時 (2)14時
場所:イカロスの森(灘区岸地通1-8-10)
料金:一般2,000(前売り1,500)円、高校・中学生1,500(前売り1,000)円
お問い合わせ:メール:kobedramaclub-sibai[AT]yahoo.co.jp
FAX:078-751-4448
※メールにてお問い合わせをされる場合は、上記[AT]を@に変換して送信ください。

今回の主役の2 人!
今井さん(母親役)、渡邉さん(娘役)

「つながる」ことを大事に、様々なアイデアを吸収して成長していくのが私たちの強みです。心がほっとして元気になれる舞台をぜひ観にきてください。

 

「参加する」

 

伊丹市立演劇ホール
「かむじゆうのぼうけん」

同ホールでは上演が珍しい、4歳~10歳までの子どもを対象にした参加型の演劇。怪獣“かむじゆう”の冒険に加わって踊ったり、工作をしたり、仮装パーティーに参加したり。お話の世界でたっぷり遊べる。
お昼休みをはさんで11時から15時までの上演。参加した子ども同士も仲良しに!

日時:8月11日(土曜日・祝日)・12日(日曜日)11時
場所:伊丹市立演劇ホール(アイホール)(伊丹市伊丹2-4-1)
料金:4歳以上 700(前売り500)円、こどもとおとなペア券800円
※前売りのみ
お問い合わせ:電話:072-782-2000

 

「感じる」

 

神戸アートビレッジセンター
ナショナル・シアター・ライブ/「誰もいない国」「欲望という名の電車」

演劇界最高峰の一つ、英国ナショナルシアターが厳選した世界で話題の演劇作品を映画館で鑑賞できる待望のプログラム。チケットが入手困難な人気舞台を、臨場感や作品世界をそのままに迫力ある映像で体験できる。

日時:8月18日(土曜日)~24日(金曜日)
場所:神戸アートビレッジセンター(兵庫区新開地5-3-14)
料金:一般3,000円、学生2,500円
お問い合わせ:電話:078-512-5500

神戸国際松竹
MET ライブビューイング アンコール2018

世界三大歌劇場の一つニューヨーク・メトロポリタン歌劇場で上演された「ドン・ジョヴァンニ」「蝶々夫人」などのオペラの名作を期間中3日おきに上映。優れた音響と多彩なカメラワークで、まるで間近で鑑賞しているかのように楽しめるステージ。出演歌手のインタビューやステージ転換の様子も見どころ。

日時:8月4日(土曜日)~31日(金曜日) 10時30分
場所:神戸国際松竹(中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館11階)
料金:一般3,100円、学生2,100円
お問い合わせ:電話:078-230-3580

ページの先頭へ戻る