施設情報・空室情報

神戸国際フルートコンクール 第9回大会について

更新日:2016/4/27(水)

日程:2015/11/20 更新

 

icon topicon about_the_9thicon eventsicon past competitionicon past winnersicon link

 


②latest_info.

 

第9回大会について

第9回大会は2017年に開催されることが決定されました。
                                                                                                                               

2016年4月26日(水)

第9回神戸国際フルートコンクールの実施要項が発表されました!

平成28年4月25日、神戸市相楽園会館において、「第9回神戸国際フルートコンクール」開催について記者会見を行いました。神田寛明運営委員長のご挨拶に続き、事務局よりコンクールの概要および実施要項について説明を行いました。詳しくはコンクール公式ウェブサイトからご覧ください(リンク)。

 

Information on the 9th Kobe International Flute Competition has been released!

A press conference on the 9th Kobe International Flute Competition (KIFC) was held at Kobe Sorakuen Hall on April 25, 2016. For more details, please visit KIFC’s official website (Link).

 
公式ウェブサイト/Official Website 
URL: http://www.kobe-bunka.jp/flute/
 

2016年3月22日(火)

第9回神戸国際フルートコンクールの審査委員が決まりました。

平成28年3月16日(水)、第2回運営委員会が行われ、調整中であった北米地域からの審査員に、第8回大会で審査員を務めたティモシー・ハッチンス氏の就任が承認されました。これにより、全9名の審査委員が揃いました。

その他の報告事項につきましては、こちらをご覧ください。

議事録はこちらからご覧ください。
 

A completed list of the jury panel for the 9th KIFC has been announced.

At the Management Committee Meeting held on March 16, Mr. Timothy Hutchins (Canada) was appointed to join the jury panel for the 9th KIFC. It has also confirmed that a press conference will be held on April 25, 2016 to announce details of the competition.

 
2016年2月9日(火)

第9回神戸国際フルートコンクール開催日程が決まりました!
Schedule for the 9th KIFC has been announced (followed in English)

平成28年2月8日(月)、神戸国際フルートコンクール運営委員会にて、コンクール開催についてが以下の通り決まりました。

<日程> 2017年5月25日(木)~6月4日(日)

<審査委員>

審査委員長: 酒井 秀明(日本)
審 査 員: アンドラーシュ・アドリヤン(デンマーク)
フィリップ・ベルノルド(フランス)
エミリー・バイノン(イギリス)
ヴァリー・ハーゼ (ドイツ)
ミヒャエル・マルティン・コフラー(オーストリア)
工藤 重典(日本)
ユン・ヘリ(韓国)
調整中(北米)

また、運営委員会では、新たに名誉顧問と名誉審査委員長の役職を設け、以下の通り選任することを承認いたしました。

名誉顧問:
辻 正司氏(一般財団法人セレモア文化財団会長)
第9回コンクールの開催のために多大なサポートをいただき、コンクールの存続に寄与された。

名誉審査委員長:
金 昌国氏 (東京藝術大学名誉教授)
神戸国際フルートコンクールの創設以来、運営委員、審査委員(第4、第6~第8回コンクールで審査委
員長を務めた)として尽力され、長年にわたりコンクールの発展に寄与された。

詳しい発表内容につきましては、こちら から神戸市の記者発表資料をご覧ください。(外部ページ)
神戸市ウェブサイト:「神戸国際フルートコンクール」ページはこちらから(日本語/English)

議事録はこちらからご覧ください。
 

Schedule for the 9th Kobe International Flute Competition has been announced!

The 9th Kobe International Flute Competition will be held as follows:

<Date>  May 25th through June 4th, 2017

<Jury>

Chairperson: Hideaki SAKAI (Japan)
András ADORJÁN (Denmark)
Philippe BERNOLD (France)
Emily BEYNON (UK)
Wally HASE (Germany)
Michael Martin KOFLER(Austria)
Shigenori KUDO(Japan)
Hyeri YOON (South Korea)
To be announced(North America)

 

Also, the KIFC has elected Mr. Shoji Tsuji (President of Ceremore Cultural Foundation) as Honorary Advisor and Professor Chang-Kook Kim (professor emeritus of Tokyo University of Arts) as Honorary Chairman of the Jury for their contributions for the KIFC.

For information on the 9th Kobe International Flute Competition, please see the Kobe City Government website (click here).
 

2015年11月20日(金)

「神戸国際フルートコンクール」に関する今後の方針について

本日(平成27年11月20日)、コンクールの主催者である神戸市が「神戸国際フルートコンクール」を2017年に開催することを発表しました。

今春、神戸市からコンクールに関して「廃止を含めて今後のあり方を検討」する方針が表明されておりましたが、この度、コンクール継続のための課題の一つでありました公費(税金)以外からの財源確保の目処が立ったことで、このような決定となりました。

これまで、神戸市内外また世界各国の皆さまからコンクール存続に向け、温かいご支援を頂きましたことに大変感謝いたします。

当事務局といたしましては、神戸市と協力し、2017年の開催に向けて、これまで以上に皆さまに愛されるコンクールとなるよう、全力で取り組んでまいります。

詳しい発表内容につきましては、こちらから神戸市の記者発表資料をご覧ください。(外部ページ)
神戸市ウェブサイト:「神戸国際フルートコンクール」ページはこちらから(日本語/English)
For information on the 9th Kobe International Flute Competition, please see the Kobe City Government website (click here).

 

2015年7月16日(木)

「神戸国際フルートコンクール」現状について

平成27年2月6日に、主催者であり、コンクールにおける経費を補助金として支出している神戸市から、「平成27年度 事務事業の見直し」が発表されました。その中で、「神戸国際フルートコンクール」が「廃止を含めて今後のあり方を検討」として、見直しすべき項目にあがりました。具体的には、世界的に有名な権威のあるコンクールとしての地位を認めながらも、市民の間での知名度が高くなく市民に還元できていないため、今後の開催について、廃止を含めて検討する、というものです。

現在は、まだコンクールの存続も廃止も決定しておりません。市民の方々の声を聞き、そして、存続できる場合には、どのように「市民への還元、知名度の向上」につなげていくのか、さまざまな議論を積み上げているところです。

日本フルート協会さまやアジア・フルート連盟さまなど、フルート関係団体の協力により、クリニックの開催や街角でのコンサート、学生を対象とした課外授業など、フルートをより身近に感じていただけるような楽しい企画もはじまっています。これからも、「フルートのまち、神戸」「フルートコンクールのまち、神戸」をさらに盛り上げるイベントを企画していきます。

そして、6月17日と、7月7日に、このコンクールの存続にむけての活動をしてくださっている、2つの市民団体さまより、要望書やアイデア集とともに、市内外、そして海外からも寄せられた署名が神戸市に提出されました。事務局としても、本当にたくさんの方々に支えられているコンクールであることを、ありがたく再認識しております。

事務局としましては、今回与えられた課題や問題点を様々な工夫を加えることによりクリアし、さらに市民の方々に開かれた、市民に愛されるコンクールと育て、次回以降の開催へつなげていけるよう、全力で取り組んでまいります。

 

【参考】

平成27年6月23日 神戸市定例会見 内容 (神戸国際フルートコンクールについて) こちら

平成27年5月23日 神戸市定例会見 内容 (神戸国際フルートコンクールについて) こちら

平成27年2月6日発表 「平成27年度 事務事業の見直し」 こちら

 

                                                                                                                              
神戸国際フルートコンクール 事務局
公益財団法人 神戸市民文化振興財団

ページの先頭へ戻る