須磨区民センター

  • 神戸市民文化振興財団 公式Facebook
  • 市民の第九2017 公式Facebook
  • 施設情報・空室情報

    ◆広告

    バナー広告のご案内

    文学サロンシリーズ第二回「漫才はこうして生まれた~二人のエンタツ~」〔終了報告〕

    更新日:2016/6/27(月)

    PDFデータのダウンロードこちら

    日程:2016/06/19 (日 )

    時間:開場:13:00
    開演:13:30

    会場:須磨区民センター4階大ホール

    定員:100名

    講師:吉本文芸顧問 竹本 浩三氏

    あいにくの雨模様の中、60名以上の方にご来場いただきました。

    普段テレビで見る漫才にも、歴史があり、今回はその歴史について

    吉本演芸部顧問の竹本浩三先生から、大変貴重な資料をもとに

    解説いただきました。

    大ホールには、当時の万歳に使用した、ほら貝、錫杖、「あほだら経」でおなじみの

    小木魚やエンタツ、アチャコのサイン色紙など展示し、みなさん興味深く見ておられました。

    有名な「早慶戦」も、3バージョンあると説明があり、実際に聞くことができて

    貴重な体験ができました。

    かたぐるしい話に終始せず、先生の実体験を面白おかしくお話しされたり、コーヒーを飲みながら、年齢を当てる計算式のクイズ、また笑いは健康に良いといった幅広い内容で

    お話され、会場は和やかな雰囲気でした。

    P1120414 P1120415 P1120419

    お問い合わせ

    須磨区民センター2階 事務所078-735-7641

     


    ページの先頭へ戻る