主催公演情報

音楽終了公演主催公演

神戸市混声合唱団 秋の定期演奏会 Rossini ~Con Amore (愛を込めて)

開催日時 9月16日(日)14:00開演(13:30開場)
会場 中ホール
チケット 一般 4,000円
U25(25歳以下)1,000円
【全席指定】
無料託児サービスのご案内

神戸市混声合唱団では、今回の秋の定期演奏会で無料託児サービスを実施いたします。

①託児対象:1才~未就学前まで
②託児場所:神戸文化ホール・中ホール内託児室
③利用時間:13:30~終演後20分まで
④利用料金:無料
⑤申込締切:9月1日(土)
⑥定  員:10名(先着順)
⑦申込方法:お電話にて事務局までお申し込みください。

【お申し込み・お問い合わせ】
(公財)神戸市民文化振興財団 事業部 演奏課
神戸市混声合唱団 事務局 TEL 078-361-7241
(営業時間:9:00~17:30・定休日:日曜・月曜・祝日)
チケット発売
チケット取り扱い 神戸文化ホールプレイガイド
078-351-3349 (10:00~18:00 施設点検日は除く)
神戸文化ホールオンラインチケット
チケットぴあ (Pコード:109-711)
ローソンチケット (Lコード:51499)
イープラス
CNプレイガイド
神戸国際会館プレイガイド
078-230-3300 (10:00~18:00 年末年始は除く)
主催 (公財)神戸市民文化振興財団 神戸文化ホール
お問い合わせ 神戸文化ホールプレイガイド 078-351-3349

Rossini ~ Con Amore(愛を込めて)

2018年の神戸市混声合唱団「秋の定期演奏会」は、オペラ指揮者の佐藤正浩氏をお迎えして、今年、設立30年を迎える神戸市混声合唱団が、アニバーサリーイヤーであるG.ロッシーニの作品、「ミサ・ソレニムス(小荘厳ミサ)」を全曲演奏いたします。

4年ぶり2回目の登場となる佐藤氏は、アメリカ、ヨーロッパで研鑽を積み、世界を股に掛けて活躍する、今、最も注目されるオペラ指揮者であり合唱指揮者です。

そんな佐藤氏にタクトを託す「小荘厳ミサ」は、ロッシーニが晩年に書いた作品で、?小さな”という題名を伴いますが、曲が短いのではなく、伴奏の編成が小さいと言う意味で、全曲が90分を超える大作。またその編成はピアノ2台とハルモニウム(オルガンの一種)で、?小さな”からは想像を超える華やかなで重厚な響きと、団員が織りなす美しいハーモニー、散りばめられるソロの数々を、皆さまへの感謝と共に「愛をこめて(Con Amore)」お届けいたします。

曲目

G.ロッシーニ
“小荘厳ミサ”
G. Rossini / “Petite Messe Solennelle”

出演

神戸市混声合唱団
Kobe City Philharmonic Chorus

指揮:佐藤 正浩
Conductor / Masahiro Sato

出演者

佐藤 正浩 ~Masahiro Sato~

東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。ジュリアード音楽院ピアノ伴奏科修士課程修了。

1992年、サンフランシスコ・オペラのオーディションに合格、専属ピアニストとして研鑽を積む。1995年、ケント・ナガノ氏の招きでリヨン国立歌劇場の首席コレペティトールに就任し、2つの世界初演を含む20を超える作品の公演に参加し、多くの指揮者、歌手から絶大な信頼を得る。以降、ナガノ氏、ゲルギエフ氏、チョン・ミンフン氏他のアシスタントとして、パリ・シャトレ座、ラヴェンナ音楽祭、ウィーン芸術週間などで活躍。同時に指揮者として活動を開始し1999年、イギリス・ダーティントン音楽祭で「イドメネオ」を指揮しデビュー。翌2000年には再び同音楽祭に招かれ「ナクソス島のアリアドネ」を指揮したほか、新国立劇場で「オルフェオとエウリディーチェ」を指揮し日本デビューを果たし、一躍脚光を浴びる。

その後も日生劇場「カルメン」、新国立劇場「トスカ」、藤原歌劇団「愛の妙薬」、東京オペラプロデュース「放蕩者のなりゆき」、いずみホール「ランスへの旅」等を指揮し注目を集める。2008年から和光市にてヴェルディ・プロジェクトを開始し、第一作目の「ナブッコ」で三菱UFJ信託音楽賞を受賞、東京室内歌劇場「人間の声」「マノンの肖像」、ひろしまオペラルネッサンス「カルメル会修道女の対話」「カルメン」、東京芸術劇場「ドン・カルロス」(仏語版日本初演)「サムソンとデリラ」など、フランスオペラの指揮に対する評価は高い。

2012年、白虎隊をテーマにしたオペラ「白虎」(宮本益光台本/加藤昌則作曲)を会津若松で初演し佐川吉男音楽賞を受賞した。この作品は、戊辰戦争終結150年を記念し来年再演される予定である。藤原歌劇団には毎年出演しており、一昨年は「仮面舞踏会」を、今年は「セビリアの理髪師」を指揮し成功を収め、再来年1月には「椿姫」が予定されている。2018年には「真珠採り」を東京芸術劇場で上演する予定。

これまでに読売日本交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団、オーケストラ・アンサンブル金沢、大阪センチュリー交響楽団、広島交響楽団等を指揮。また、自身の主催するオーケストラ、Orchestre ”Les Champs-Lyrics”、The Opera Bandを設立し活動している。愛知県立芸術大学、昭和音楽大学大学院講師。慶應義塾ワグネル。ソサィエティー男声合唱団常任指揮者。

神戸市混声合唱団 ~Kobe City Philharmonic Chorus~

1989年に神戸市により設立された日本を代表するプロフェッショナルの合唱団。神戸を拠点に童謡・唱歌、日本歌曲、外国歌曲、オペラ、シャンソンまで豊富なレパートリーをもち、市民に身近な合唱団として親しまれ「音楽のまち神戸」推進に大きな役割を果たしている。

2005年には、ウラディーミル・アシュケナージ指揮、NHK交響楽団と「レクイエム」(阪神・淡路大震災10年)を共演。

2010年、合唱の国ラトヴィア(リガ市)で世界的に有名な室内合唱団「アヴェ・ソル」とジョイントコンサートを行い、姉妹合唱団協定を締結。

2013年7 月、リガ市からの招聘により、ユネスコ無形文化遺産であるラトヴィア「歌と踊りの祭典」に出演。また、2011年に初のCD、特別演奏会「宇野功芳 叙情の世界」を、2012年には第2弾CD「宇野功芳 叙情の世界2」をリリースし、レコード芸術特選盤などに選出される。

2017年10月に松原千振が音楽監督に就任。澄みきった密度の高い合唱は、美しい神戸ハーモニーとして高い評価を得ている。