施設情報・空室情報

施設情報・空室情報

◆広告

バナー広告のご案内


kobe-jazz KJD 2016 musicians

更新日:2016/3/25(金)

日程:2016/04/03(日)

 


                                                                 


  

「KOBE JAZZ DAY 2016」

出演者

 

 

ホールイベント出演者                             

                                                        

グローバル・ジャズ・オーケストラ & 東かおる(Vo) 

The Global Jazz Orchestra グローバル・ジャズ・オーケストラ

Sax: 横山未希、大竹亜矢子、古谷光広、曽我部泰樹、古山晶子
Tp: 岩田英司、西川順子、松本さくら、野々村明
Tb: 大島一郎、太田健介、白石栄利、佐竹寛美
Piano: 小林沙桜里、平倉初音
Guitar: Jesse Forest、Bass: 坂井美保、Drums: 市橋隆

global

1968年結成、関西のミュージシャンで構成されるビッグバンド。1999年、中山正治ジャズ大賞受賞。ロシアンリバー・ジャズ・フェスティバルや、モンタレー・ジャズ・フェスティバルなど国内外のフェスティバルへの出演や、ボブ・ミンツァー、チャック・フィンドレー、ビル・ワトラス、渡辺貞夫、日野皓正、小曽根真など国内外のさまざまなアーティストとも共演を重ねる。2015年6月19日、11枚目のCD「GLOBARHYTHM」を全国リリース。

 

枡田咲子  (Vocal) kaoru azuma
バークリー音楽大学ジャズコンポジション専攻を首席で卒業。2009年、ブリュッセル ジャズ オーケストラ主催のインターナショナル・ジャズコンポジション・コンテストにて優勝。現在は、グローバル・ジャズ・オーケストラなどに楽曲の提供や、甲陽 音楽学院、神戸電子専門学校でジャズ作編曲法、音楽理論、ジャズピアノなどを指導。

 

 

 

東かおる  (Vocal) 
2000年第1回神戸ジャズヴォーカルクイーンコンテストにて審査員特別賞受賞。ニューヨーク市立大学City College校音楽部ジャズ科BFA博士号を取得。2011年3月、リトアニアで開催されたInternational Jazz Voices Competitionのセミファイナリストに選出、アジア圏から唯一、また日本代表として出場。2015年4月22日、初となるジャズスタンダード集をダイキムジカ・レーベル よりリリース。

                                                        

兵庫県立高砂高等学校ジャズバンド部
『Big Friendly Jazz Orchestra』

2004年公開の映画「スウィング・ガールズ」のモデルとして知られる高砂高校ジャズバンド部は、1965年吹奏楽部として創部。1974年からジャズバンド部として活動を開始。バンド名「ビッグ・フレンドリー・ジャズ・オーケストラ」の名付け親はジャズクラリネット奏者の北村英治氏。年間40回を超えるステージを務めるほか、数々のテレビ・ラジオ番組への出演、著名な演奏家との共演など、幅広く活動を展開している。

「全国から集まった中・高生によるビッグバンドジャズの祭典「Japan Student Jazz Festival」では、毎年上位入賞しています。それでは高校生ならではの爽やかで初々しい演奏をお楽しみください!!!」

<今後の主な活動予定>
4月10日(日)
「ワンビル・スチューデント・ジャズ・コンサート」
(於)岡山ルネスホール

5月5日(祝:こどもの日)
「姫路 ジャズ・フェスティバル」
(於)姫路市文化センター 大ホール

7月18日(祝:海の日)

「高砂高校ジャズバンド部 定期演奏会  第34回 青春 チャリティーコンサート2016 」
(於)高砂市文化会館 じょうとんばホール

 

                                                        

山添ゆか&モダンタイムスビッグバンド 

Sax: 柴垣安弘、萬淳樹、日下雄介、橘田秀美、小谷敏夫、玉田一成
Tp: 外池誠基、薮内良治、平野広造、平山涼葉、城崎潔
Tb: 五島健史、藤井雄太、魚住有理香、磯野哲至
Piano: 高橋眞治 Bass: 折井章吾ベース Drums: 中島要 Guitar: 樫本ゆうギター

山添ゆか

兵庫県出身、現在大阪市在住、小中学生の頃から吹奏楽でトランペットを学び、幅広いジャンルの音楽に親しむ。ある日、ジャズピアノの巨匠オスカー・ピーターソンに深い感銘を受け、ジャズピアノの世界に魅惑され、ピアニスト小曽根実氏、作曲家 谷田真也氏に師事する。様々な楽器奏者との演奏を通じ、天性の歌声を一流の楽器奏者に負けないよう使いこなしたいと思い、独学でボーカルの修行を重ねる。2007年4月より、ボーカリストとしてのライブ活動を開始。活動は、大阪、神戸、京都を中心に名古屋、東京、九州、沖縄、北海道など全国に広げている。2010年NHK神戸生放送に初出演してから、今現在では七回ほどの出演を果たす。他メジャーFM出演やメディア等多数出演(全国ネット含)。2011年第31回浅草ジャズコンテスト金賞受賞。2015年第16回神戸新開地ジャズヴォーカルコンテストグランプリ受賞2015.9 シアトル老舗ライブハウスJazz Alleyにて初の海外ライブを果たし200人からのオーディエンスを魅了する。

高須クリニックCM出演から矢沢永吉のバンドまで幅広く活躍中の人気ピアニスト秋田慎治氏をサウンドプロデューサーに迎え2014.8.13ファーストアルバム”My Color”をリリース各メディアに大きく取り上げられる。只今絶賛発売中

モダンタイムスビッグバンド

1985年に神戸市にて結成された社会人ビッグバンドで、アメリカの古き良き時代のスイングジャズのサウンドを求めて活動しています。結成以来、毎年12月の
自主開催のクリスマスデイナーパーテイーや、6月開催の朝日ホールコンサート他、阪神間のライブハウスや、神戸ジャズストリート、ステューデントジャズフェスティバル、新開地音楽祭等、地元神戸の地域音楽イベント等で数多くの演奏を重ね、今年結成31年目を迎えました。今後も日本のジャズの発祥地、”神戸” に相応しいスイングナンバーを大切に演奏していきます。

 

                                                        

ロイヤルフラッシュ・ジャズバンド 

大森 重志(Bj) / 日下 義彦(Pf) / 廣田 稔(Tb) / 樽谷 四郎(Cor) / 北市 勝彦(Bs) / 田中 千秋(Dr) / 滝川雅弘(Cl)

各々の大学の軽音楽部でディキシーランドジャズに親しみ卒業後もそれぞれ演奏活動を継続していた中年がトラッドジャズ最盛期の1910~1920年代の曲目を中心に活動をtopphoto201409開始しようと1983年に神戸で結成、今年33年を迎える。結成年から「神戸ジャズストリート」に欠かさず出演。これを機会に神戸や大阪のライブハウスの出演回数も増え、1989年からオーストラリアをはじめベルギー・オランダ・イギリス・ドイツ各国のジャズフェスティバルに招待されスリリングな演奏で好評を博す。2000年「第8回中山正治賞」を同賞選考委員会より、産経新聞社より「なにわ芸術新人奨励賞」受賞。現在は毎月第1日曜日神戸三宮の「ソネ」、第2木曜日梅田の「ニューサントリ5」に出演中。新しく加わったクラリネット奏者を除きメンバーはかなり高齢化しているがリズミカルえ力強いパフォーマンスを継続中と自負している。

                                                        

河村英樹カルテット

河村 英樹(Ts)、田中 洋一(Tp)、 荒玉 哲郎(B)、東 敏之(Ds)

2013年トランペットの田中洋一の掛け声の下、セッション的に集まった4人であったが、そのライブがあまりに楽しく意気投合、バンドとして活動を始める。残念ながらまだバンド名がなく、4人のそれぞれが流動的にリーダーになるというシステムをとっている。  昨年、レコーディングを行いアルバム発売に向け制作中。偉大なジャズミュージシャンの作品を中心にメンバーのオリジナルなども演奏する。

「コード楽器のない独自なサウンドをお楽しみください。」

 

 

 

 

 

 

 

                                                        

Space is Spice

千葉 ミエ(Vo)、高岡 正人(Pf)、 時安 吉宏(B)、竹田 達彦(Ds)

千葉ミエが以前活動していたリーダーバンド”After Glow”の後継バンドとして、2013年よりメンバーを改にし、グループ名を”Space is Spice”として活動開始。ジャズのスタンダードナンバーを中心に、ぞれぞれの楽曲の持つオリジナル性を活かして独自のアレンジを施し、一体感のあるバンドサウンドを特徴とする。

Space is Spice(スペイス イズ スパイス)と言うバンド名は、千葉ミエの師匠である、偉大なジャズシンガー峰純子氏がよく口にしていた「ジャズはSpace is Spice」という言葉から付けたものである。

“Space is Spice”通称「スペスパ」のライブでは、千葉ミエの語りかけるような唄に加えてトリオのメンバーそれぞれをフィーチャーする場面もあり、見どころ満載である。現在、大阪・神戸に於いて活動を行っている。

                                                        

たなかりか + 竹下清志

たなかりか(Vo)、竹下清志(Pf)

 広島県出身。大学と共に関西に移り住み歌を始める。大学卒業後は商社で働きながら関西を中心にライブハウス・ホテルなどで活動を始める。2001年「神戸ジャズボーカルクイーンコンテスト」準グランプリ獲得。その後、会社を退職しプロへ転向。2004年ファーストアルバム「On Green Dolphin Street」をリリースし 全国ツアーを行う。その後は、関西 を拠点に九州から北海道まで日本全国で活動中。2009年7月ポニーキャニオンよりアルバム「Colors」でメジャーデビュー。その後も2011年「When She Flows」、2012年全編日本語のJ-Popのジャズカバーアルバム「Japanese Songbook」、そして2015年1月ポニーキャニオンより4枚目のアルバムとなる「Flowers For Blossom」を発売した。2011年4月より積和不動産中部のCM音楽に起用される。またそれと同時にZIP-FM「積和不動産中部 JAZZIN’ R’S BAR」でDJもつとめ ている。

 

                                                        

Miki Hirose Quintet  

広瀬 未来(Tp)、浅井 良将(As)、竹下 清志(Pf)、中林 薫平(B)、樋口 広大(Ds)

広瀬未来(Miki Hirose)

1984年生まれ。甲南中学と同時にトランペットを始める。在学中より関西各地でプロ活動を開始し、2002年、中山正治ジャズ大賞、なにわ芸術祭新人奨励賞、受賞。2003年New Yorkに渡り、フリーランストランぺッターとして活動。ジャズを始めサルサ、ヒップホップ、ファンク、様々なジャンルのフィールドで活動し、全米、ヨーロッパのライブハウス、ジャズフェスティバルなどに出演する。自身のアルバムも2枚リリースし、各方面から絶賛を受け、ニューヨークの新進トランぺッターをフィーチャーするフェスティバル「FONT」に自己のクインテットで出演。

2014年からは日本に拠点を移し、自身のクインテット「Miki Hirose Quintet」、そして自身のビッグバンド「Miki Hirose Jazz Orchestra」を結成。神戸市文化奨励賞を受賞。

 

                                                         

 


ページの先頭へ戻る