北区民センター

  • 神戸市民文化振興財団 公式Facebook
  • 市民の第九2018 公式Facebook
  • 施設情報・空室情報

    ◆広告

    バナー広告のご案内

    第29回 すずらん映画サロン『ゆずり葉の頃』

    更新日:2017/12/11(月)

    PDFデータのダウンロードこちら

    日程:2018/01/20(土)

    時間:①10:30~ ②13:30~

    会場:すずらんホール(神鉄鈴蘭台駅から徒歩約5分)

    定員:500名

    出演者:八千草 薫・仲代 達矢・風間 トオル・岸辺 一徳・竹下 景子   六平 直政・嶋田 久作・本田 博太郎

    絵筆が 心のキャンバスに 旋律を刻み込む---

    暮れなずむ初秋の軽井沢 光輝く 水面に映し込んだのは

    遠い日の 淡い恋心の追憶……

    中みね子監督第一作  音楽:山下 洋輔  劇中画:宮廽 正明

    やさしい視点に満ちた想いを貫く人生賛歌!

    市子が少女の頃に想いを寄せていた人は、今では国際的な画家となっていた。彼の個展の記事を

    目にした市子は、秋深まる軽井沢へと旅立つ。思いでの一枚の絵を求めて……。一方、旅に出た

    母を気にかけ、後を追う息子の進。だが進はまだ知らない、着物の仕立てをしながら、戦後の貧

    しさの中で、心に封印した若き日の母の想いを……。軽井沢で人のぬくもりに触れ、やさしくほど

    けてゆく市子の心、そんな市子に思いがけない出逢いが訪れる……。

    最高の顔ぶれ!一堂に会した豪華キャスト!

    主人公の市子を演じるのは、数々の名匠に愛された八千草薫。その演技の冴えは、詩的かつ、

    ゆったりと、たゆたうような劇中の時間を醸し出す。市子が想いを寄せる画家・宮謙一郎には、

    黒澤明作品を始め、長年にわたり日本の映画・演劇界を牽引してきた仲代達矢。緑内障を患う

    画家を見事に演じている。息子の進役に風間トオル。また岸辺一徳、竹下景子、六平直政、

    嶋田久作、本田博太郎など、実力派俳優陣ががっちりと脇を固めている。

    <料 金>

    前売券:一般800円/小学生~高校生500円(前売り・当日とも)

    北区民センター講座受講生・友の会会員700円

    当日券:1,000円(一般・受講生・友の会会員とも)

    <お問合せ>

    神戸市立北区民センター  TEL:078-593-1150

     

     

     

     


    ページの先頭へ戻る