キャリア・プランニング講座
~第一線で活躍する女性プロデューサーを迎えて~

事業の企画をたて、広報活動を行い、準備から後片付けまでを担う。そのための資金調達にも走り回る。アートマネジメントの仕事は多岐にわたります。
迷うこと、悩むこともあるでしょう。そこで各分野を代表するプロデューサーから、キャリアプランを考えていくうえでのヒントとなるお話を伺います。
男女問わずご参加を歓迎します。

対象:連携大学のアートマネジメントを学ぶ学生、文化施設や芸術団体等にお勤めの方
会場:神戸市男女共同参画センター(あすてっぷKOBE)セミナー室

  • キャリア・プランニング講座① 
    ダンス

    日時:9/10(土)14時-16時
    講師:唐津絵理 KARATSU Eri

    愛知県芸術劇場エグゼクティブプロデューサー 。Dance Base Yokohama(DaBY)アーティスティックディレクター。
    お茶の水女子大学文教育学部舞踊教育学科卒業、同大学院人文科学研究科修了。
    舞台活動を経て、1993年より日本初の舞踊学芸員として愛知芸術文化センター勤務。2010年~16年あいちトリエンナーレのキュレーター。
    文化庁文化審議会文化政策部会委員、全国公立文化施設協会コーディネーター、企業の文化財団理事やメセナ活動のアドバイザー等を務めるほか、大学等の非常勤講師を歴任。パフォーミングアーツの幅広い分野で、実験的作品から大規模な国際共同製作まで、200を超えるプロジェクトを企画プロデュース。
    DaBY設立を機に、ダンス、パフォーミングアーツ領域全体の活動環境の整備、アーティスト・ダンサー・スタッフの権利擁護、観客・市場拡大施策等に積極的に関わる。著書に『身体の知性』等。

  • キャリア・プランニング講座② 
    演劇・ダンス

    日時:10/29(土)14時-16時
    講師:志賀玲子 SHIGA Reiko

    城崎国際アートセンター館長。
    大学卒業後、一般企業勤務を経て、演劇制作事務所設立。
    1989年「ヨコハマアートウェーブ89」事務局スタッフを皮切りに、伊丹市立演劇ホール・びわ湖ホール「夏のフェスティバル」プロデューサー、
    (一財)地域創造「公共ホール現代ダンス活性化事業」コーディネーター、大阪大学コミュニケーション・デザインセンター特任教授を歴任。2021年4月より現職。2007 年からALSを発症した友人の独居生活「ALS-D プロジェクト」をコーディネート、介護にもあたる。
    ダンススタジオを併設した京町家で、ダンサー等の友人が資格を取り介護にあたる暮らしは、首都圏外で初の24時間他人介護による在宅独居実現として注目を集めた。

  • キャリア・プランニング講座③ 
    音楽

    日時:12/3(土)14時-16時
    講師:新井鴎子 ARAI Oko

    横浜みなとみらいホール館長。音楽構成作家。インクルーシブアーツ研究者。
    東京藝術大学音楽学部楽理科および作曲科卒業。NHK音楽教育番組の構成で国際エミー賞入選。
    これまでに「東急ジルベスターコンサート」「読響シンフォニック・ライブ」「題名のない音楽会」「エンター・ザ・ミュージック」等の番組、
    コンサートの企画構成を数多く担当。東京藝大にて障害者を支援するアートの研究開発に携わる。著書に『おはなしクラシック』
    (アルテスパブリッシング)、『頭のいい子が育つクラシックの名曲』(新星出版)、『ひとさし指のノクターン』(ヤマハミュージックメディア)、
    『音楽家ものがたり』(音楽之友社)他。「横浜音祭り」総監督。

お申込みフォームはこちら