KOBE C 情報 先月号

KOBE C 情報 先月号

KOBE C 情報 今月の特集(目の不自由な方むけ)

神戸の新しいアートの挑戦 始まる

 

ART PROJECT KOBE 2019 TRANS-
神戸が舞台の現代アートのイベント「アート・プロジェクト KOBE 2019:TRANS-(略:TRANS-)」が9月14日(土)から開幕する。全国各地で開かれる大規模な芸術祭とは一線を画し、参加作家を2人に厳選。新しい文化を率先して受け入れてきた神戸ならではの新しいアートイベントとは?

体感する現代アート
「アート・プロジェクト KOBE 2019:TRANS-(略:TRANS-)」

TRANS- は、神戸の西側エリア、新開地・兵庫港・新長田地区を舞台にした現代アートのイベント。世界を舞台に作品を発信し続けるグレゴール・シュナイダーとやなぎみわの2人の作家が、神戸の歴史や空間、建物を活用した作品をつくりあげる。シュナイダーは、“部屋”を使った非現実的で見る人の感覚を揺さぶるようなインスタレーションを、地下鉄沿線を中心に8カ所12作品を展示。やなぎみわは、兵庫区にゆかりの深い一遍上人等、神戸ならではのエッセンスを盛り込んだ野外劇「日輪の翼」を、神戸最古の港・兵庫港で上演する。

 

グレゴール・シュナイダー
1969年、ドイツ・ライト生まれ。16歳で自宅の部屋の中に別の部屋を作るなどした作品の制作に着手。2001年のヴェネツィア・ビエンナーレでドイツ館代表作家となり、金獅子賞を受賞。以降、時空がねじれた非現実な体験を促すインスタレーションを手がける。国際芸術祭へ多数参加。デュッセルドルフ芸術大学教授。

やなぎ みわ
1967年神戸市兵庫区生まれ。CGや特殊メイクを駆使した写真で女性を取り巻く問題への洞察を試みる。2009年、ヴェネツィア・ビエンナーレ日本館の代表作家。2011年からは演劇に取り組み、2017年の「港都KOBE芸術祭」では野外劇『日輪の翼』のための移動舞台トレーラーを展示した。

開催期間
9月14日(土曜日)~11月10日(日曜日)

会場
■グレゴール・シュナイダー「美術館の終焉─12の道行き」
デュオドーム、旧兵庫県立健康科学研究所、メトロこうべ、神戸アートビレッジセンター、神戸市立兵庫荘、駒ヶ林駅コンコース、ノアービル、丸五市場

やなぎみわ「日輪の翼」公演
神戸市中央卸売市場本場内特設会場
※10月4日(金曜日)・5日(土曜日)・6日(日曜日) 18時開演

料金
<全作品鑑賞券(「日輪の翼」公演を除く)>

一般1,500円、大学生・65歳以上500円、高校生以下無料
※各会場、会期中1回だけ入場可

<個別鑑賞券>
一 般500円、大学生・65歳以上200円、高校生以下無料
※上記2種の鑑賞券は期間中、会場で販売

<「日輪の翼」公演鑑賞券>
一般4,500(前売り4,000)円、25歳以下2,500円 ※前売りのみ

問い合わせ
神戸市イベント案内・申込センター 電話:078-333-3372

詳しくはこちら

TRANS- ディレクターの林寿美さんにもっと深く詳しく聞く

 

Q1:TRANS- はどのような点が特徴のアートイベントですか。
近年、国内外で盛んに開催されている芸術祭は大勢の作家の作品を展示することが多いと思います。TRANS-はそれらと一線を画し、参加作家が2人だけである点が最大の特徴です。大がかりなアートイベントで参加作家がこれだけ少ないのは世界でも珍しいことです。作家の力が十分発揮された密度の濃い作品を紹介し、世界に発信できるユニークな取り組みにしたいと考え人数を絞りました。

Q2:芸術祭との違いを教えてください。
TRANS- は芸術祭ではなくプロジェクトと位置付けています。神戸の街に作家がおもしろい仕掛けを作る、街を使った展覧会であるという意味を込めてアート・プロジェクトと銘打ちました。神戸の街が、世界を舞台に長く活躍する2人の実力者によってどう変わるのか注目してください。

Q3:2人の作品の見どころを教えてください。
人間の感覚の内へ内へと分け入っていくシュナイダーと野外公演という華やかで開放的な表現のやなぎみわ。2人の作品は対照的だといえます。シュナイダーの作品は、「これは現実なのか」といった普段あまり感じることのない体験をしていただけます。全12作品から、彼が追求するテーマを感じ取ってもらえるのではないでしょうか。やなぎみわの作品は、芝居や歌、サーカスパフォーマンス、ポールダンスが混じり合った劇をステージトレーラーで上演します。客席は兵庫港の海上に浮かぶ船の上。兵庫の歴史や時宗の踊り念仏を取り入れた神戸ならではの幻想的な物語を、ぜひ体感してほしいですね。

ページの先頭へ戻る