KOBE C 情報 今月号

KOBE C 情報 今月号

KOBE C 情報 今月の特集(目の不自由な方むけ)

クリスマスを彩る音楽と舞台

12月の神戸の街では、クリスマスに合わせた様々なコンサートや舞台公演が開催される。美しい音色をじっくりと鑑賞できる落ち着いた演奏から心温まる物語の世界まで、多彩な内容を楽しもう。

アカペラの美しいハーモニー

チキン ガーリック ステーキ
Christmas Concert 2019

1990年に結成した神戸出身の男性5人組アカペラグループの公演。日本のアカペラグループの先駆け的存在の彼らが、地元神戸でクリスマスにちなんだ名曲とオリジナル作品を披露する。
12月に結成30年を迎える!忘年会のような、アットホームな雰囲気も魅力。

日時:12月15日(日曜日) 14時30分開演
場所:神戸文化ホール 中ホール(中央区楠町4-2-2)
料金:6,500(前売り6,000)円
お問合せ:同ファンクラブ「ぴよぴよくらぶ」 電話:070-2324-8243 ※11時~19時

Aura-アウラ-
聖夜のハーモニー

2003年に結成された女性5人組のアカペラグループ「Aura(アウラ)」。ヴォカリーズ(歌詞を付けない歌唱)での「戦場のメリークリスマス」をはじめ、20世紀のクリスマスの名曲を新しいアレンジで歌い上げる。
女声5声によるクイーンの「ボヘミアン・ラプソディ」は大注目!

日時:12月21日(土曜日) 15時開演
場所:神戸新聞松方ホール(中央区東川崎町1-5-7)
料金:3,500円
お問合せ:松方ホールチケットオフィス 電話:078-362-7191

世界的演奏家によるパイプオルガン

クリスマスチャリティコンサート
鈴木雅明オルガン・リサイタル

世界的に評価される音楽グループ「バッハ・コレギウム・ジャパン」の音楽監督・鈴木雅明が、同グループがCD録音等も行う神戸松蔭女子学院大学チャペルのパイプオルガンを演奏する。日本のバッハ演奏の第一人者による、降り注ぐような音のきらめきを味わおう。
演奏されるのは、コラール「いざ来たりませ、異邦人の救い主」やパストレッラへ長調等、クリスマスにちなんだJ.S.バッハの作品。

日時:12月14日(土曜日) 15時開演
場所:神戸松蔭女子学院大学チャペル(灘区篠原伯母野山町1-2-1)
料金:5,000(前売り4,000)円
お問合せ:同大学キリスト教センター 電話:078-882-6124

オーケストラと歌の特別なアンサンブル

煌めきのクリスマスファンタジー
~クララの遥かな夢物語~

クリスマスの名曲をたっぷりと盛り込んだ、神戸市室内管弦楽団と神戸市混声合唱団の合同公演。作品はチャイコフスキーの合唱組曲「くるみ割り人形」、シューベルトの「アヴェ・マリア」ほか。プロの演奏を間近で楽しめる。
両団から総勢34人が出演。

日時:12月15日(日曜日) 14時開演
場所:神戸市立灘区民ホール(灘区岸地通1-1-1)
料金:一般2,500(前売り2,000)円、25歳以下1,000円
お問合せ:公益財団法人神戸市民文化振興財団演奏課 電話:078-361-7241

舞台から誘う物語の世界

おきゃく、おことわり?
★クリスマススペシャル★

森の家にひとりで暮らすクマの家に、追い返しても追い返してもネズミがやってきて…。大きさも性格も正反対の2匹が友達になる、心温まる人形劇。0歳から鑑賞できる。
出演者と一緒にクリスマスの歌を歌う時間も!

日時:12月21日(土曜日) 14時開演
場所:葺合文化センター 大ホール(中央区旗塚通4-4-1)
料金:一般1,300円、4歳~小学6年生700円、親子ペア券1,500円※前売りのみ
※3歳以下は膝上で鑑賞の場合無料
お問合せ:葺合文化センター 電話:078-242-0414

貞松・浜田バレエ団クリスマス公演
「くるみ割り人形」全幕

毎年好評の、貞松・浜田バレエ団の華やかなバレエ作品の公演。「お菓子の国」(12月21日)「お伽の国」(12月22日)の2つのバージョンを上演する。管弦楽、合唱の生演奏も付き、みどころたっぷり。
様々な登場人物、踊り、衣装等も楽しみ!

日時:12月21日(土曜日)・22(日曜日) 15時30分開演
場所:神戸文化ホール 大ホール(中央区楠町4-2-2)
料金:S席7,000円、A席6,000円、B席4,000円、C席2,000円
お問合せ:貞松・浜田バレエ団 電話:078-861-2609

ページの先頭へ戻る