須磨区文化センター

淡路人形浄瑠璃でつづる須磨の歴史(終了報告)

PDFデータのダウンロードこちら

日程:2017/10/15(日)

時間:13時開場 13時半開演

会場:須磨区民センター 4階大ホール

定員:200名

出演者:大本山須磨寺小池弘三管長 淡路人形座

朝からの雨にもかかわらず、172名の皆さんにご来場いただきました。

例年通り、須磨寺小池管長のユーモア溢れるご挨拶で始まり、海の神、戎さまが皆さんの幸せを祈る神事「戎舞(えびすまい)」ではアドリブの効いた太夫の語りに場内は大爆笑。初めての人形浄瑠璃ご覧になる方も多く、幾分緊張感の漂っていた会場の雰囲気も一気に和んだようです。

続く太夫、三味線、人形の解説では3名の入場者の方に舞台前で実際に人形に触れていただき、貴重な体験をしていただきました。

15分の休憩の後、いよいよ最後の「一谷嫩軍記 須磨浦組討の段(いちのたにふたばぐんき すまのうらくみうのちだん)」の上演。須磨ゆかりの平敦盛と熊谷直実の悲しい物語に心打たれた方も多かったようです。

他府県からの旅行中にたまたまチラシをご覧になられてお越しになった方もおられ、「感激した」、「有意義な催しだった」、「再演して欲しい」等の好意的なご意見も多数頂戴しています。

さて来年の「須磨の歴史」はどんな催しになるでしょうか? ご期待ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平成29年10月15日(日) 開場:13時 開演:13時半

須磨区民センター 4階大ホール

前売:1,200円 当日:1,500円 友の会:1,000円

チケット販売・問い合わせ 須磨区民センター ℡078-735-7641