第6回神戸国際フルートコンクール
English 実施要綱 課題曲 予備審査 過去の入賞者 トップ
結果記事−Result
出場者紹介
予選・本選出演順
KOBEメモリアルコンサート
チケット情報他
協賛・プレイベント状況
第1次予選
第2次予選
第3次予選
本   選

課題曲


第1次予選

曲目は、下記課題曲を演奏すること。(ただし暗譜のこと)

  (1) J.S.Bach : Partita a-moll BWV 1013(全楽章くり返し無し)。
  (2) 次の(a) (b) いずれかを選択し、無伴奏で演奏すること。
    (a) F.Kuhlau : 3 Fantasien Op.38 より第1番 D-dur
(冒頭 Adagioより始め、Allegro agitato に入らずに ARIETTE へ飛ぶこと)
    (b) F.Kuhlau : 6 Divertissements Op.68 より 第6番 cis-moll


第2次予選

下記課題曲を演奏すること。
演奏時間は 、(1) (2) の中からそれぞれ1曲を選び、25分以内にまとめること。ただし(2) の(b)を除き、任意の楽章を省略してもよい。

  (1) 次の(a) (b) (c) より1曲を選択し演奏すること(くり返し無し)
    (a) C.P.E.Bach : Sonate D-dur Wq. 83 (出版 Breitkopf & Härtel EB8474))
    (b) J-M.Leclair : Sonata e-moll Op.2-1 (出版 Schott FTR 168)
    (c) A.Vivaldi : Sonata g-moll Op.13-6 (出版 Bärenreiter HM 135)
  (2) 次の(a) (b) (c) (d) より1曲を選択し演奏すること。
    (a) P.Hindemith : Sonate
    (b) S.Prokofiev : Sonata Op.94(任意の2つの楽章を選ぶこと)
    (c) P.Sancan : Sonatine
    (d) E.Schulhoff : Sonata


第3次予選

下記課題曲を演奏すること。(ただし(1)のみ暗譜のこと)

  (1) 次の(a) (b) (c) (d)より1曲を選択し演奏すること。
    (a) T.Böhm : Fantasie über ein Thema von Schubert Op.21
    (b) J.Demersseman : Grande Fantaisie de Concert sur "Obéron" Op.52
    (c) F.Doppler : Chanson d'amour Op.20
    (d) P.Taffanel : Fantaisie sur le Freyschutz
  (2) 次の(a) 〜 (i)より1曲を選択し演奏すること。
    (a) L.Berio : Sequenza I(出版 ZERBONI もしくは UNIVERSAL)
    (b) B.Ferneyhough : Cassandra's dream song(出版 PETERS)
    (c) B.Ferneyhough : Unity Capsule(出版 PETERS)
    (d) P.Hurel : Eolia(出版 BILLAUDOT)
    (e) 一柳 慧 : 忘れえぬ記憶の中に(In a living memory)(出版 日本ショット)
    (f) 末吉保雄 : 空の一方に・・・ (Somewhere in the skies)(出版 音楽之友社)
    (g) 武満 徹 : Voice(出版 SALABERT)
    (h) Isang Yun : Etüden より第5番 Allegretto(出版 BOTE & BOCK)
    (i) Isang Yun : Sori(出版 BOTE & BOCK)


本  選

下記課題曲を演奏すること。(ただし暗譜で指揮者なしで演奏すること)

W.A.Mozart : Konzert G-dur K.313


〈注〉選択した曲目は、申込書に記入すること。


伴 奏 者
公式伴奏者は主催者から委嘱する。参加者は公式伴奏者を指名することはできない。ただし、出場者が委嘱した伴奏者を同伴する場合は、伴奏者に要する一切の費用は出場者の負担とする。
本選は、アンサンブルofトウキョウが伴奏を担当する。


伴奏者との練習
運営委員会が定める伴奏者との練習は、第2次予選については70分(ピアノ伴奏者との練習約50分、ステージでの練習約20分)とし、第3予選については50分(ピアノ伴奏者との練習約50分)とし、運営委員会の定める日程に従いその機会を与えられる。
本選出場者については、前日にオーケストラとの練習の機会を1回与えられる。



▲ページトップへ


結果記事−Result出場者紹介予選・本選出演順
KOBEメモリアルコンサートチケット情報他協賛・プレイベント状況
実施要綱課 題 曲予備審査過去の入賞者ト ッ プへ戻る


震災10年事業ロゴマーク
震災10年 神戸からの発信事業


Copyright (C) 2004 Kobe City Office. All rights reserved.