第6回神戸国際フルートコンクール
English 実施要綱 課題曲 予備審査 過去の入賞者 トップ
結果記事−Result
出場者紹介
予選・本選出演順
KOBEメモリアルコンサート
チケット情報他
協賛・プレイベント状況
1.名  称
2.開催期日
3.会  場
4.主  催
5.後  援
6.コンクールの構成
7.会  長
8.運営委員
9.審 査 員
10.応募資格
11.応募方法
12.参 加 料
13.応募締切
14.申込先(事務局)
15.賞
16.審査発表
17.審 査
18.出場者の旅費・滞在費
19.著作権等
20.そ の 他

実施要綱


1.名  称

「第6回神戸国際フルートコンクール」
The 6th Kobe International Flute Competition (KIFC)


2.開催期日

第1次予選 2005年8月 5日(金)〜8月 7日(日)
第2次予選 2005年8月 9日(火)〜8月10日(水)
第3次予選 2005年8月11日(木)
本    選 2005年8月13日(土)


3.会  場

予選・本選とも 神戸文化ホール 中ホール
神戸市中央区楠町4丁目2−2  TEL (078)351-3535


4.主  催

神戸国際フルートコンクール運営委員会
神 戸 市
(財)神戸市民文化振興財団
(社)日本演奏連盟


5.後  援

外務省、文化庁、兵庫県、日本放送協会、日本フルート協会

▲ページトップへ


6.コンクールの構成

予備審査に合格した計50名程度を対象に第1次、第2次、第3次、本選を行う。


7.会  長

矢 田 立 郎(神戸市長)


8.運営委員

峰岸 壮一 委員長 峰岸 壮一 (桐朋学園大学名誉教授)
委  員 伊藤 京子 (日本演奏連盟理事長)
  岩淵 龍太郎 (京都市立芸術大学名誉教授)
  川崎 優 (常葉学園名誉教授)
  神田 寛明 (NHK交響楽団首席奏者)
  金田 弘司 (財団法人神戸市民文化振興財団専務理事)
  金 昌国 (東京芸術大学教授)
  大宮 龍市 (日本放送協会神戸放送局長)
  町本 欣信 (神戸市生活文化観光局長)


9.審 査 員

金 昌国 審査委員長 金 昌国 (日本)
アンドラーシュ・アドリアン 審  査  員 アンドラーシュ・アドリアン (デンマーク)
ペトリ・アランコ   ペトリ・アランコ (フィンランド)
エイミー・ポーター   エイミー・ポーター (アメリカ)
佐久間 由美子   佐久間 由美子 (日本)
ジャン=クロード・ジェラール   ジャン=クロード・ジェラール (フランス)
オーレル・ニコレ   オ−レル・ニコレ (スイス)
パウル・マイゼン   パウル・マイゼン (ドイツ)
峰岸壮一   峰岸 壮一 (日本)


10.応募資格

1973年から1989年までの間に出生した者。

▲ページトップへ


11.応募方法

所定の申込書(このホームページからも取得可)に必要事項を記入のうえ、最近撮影の写真2枚(5×5 cm・1枚は申込書の所定場所に貼付)を添えて、事務局あて申込むこと。
 ただし、海外在住外国人参加者については、演奏録音されたもの※1(MD、CD、カセットテープに限る。)を併せて提出すること。

※1曲目は、下記課題曲を演奏すること。
  (1) 次の(a) (b) のどちらかを選択し演奏すること。
    (a) J.S.Bach:Partita a-moll BWV 1013 からCorrente と Sarabande
    (b) J.S.Bach:Partita a-moll BWV 1013 からSarabande と Bourrée Angloise
  (2) 次の (a)(b)(c)のうちから各自、自由に1曲選択し演奏すること。
    (a) S. Karg-Elert: "30 Studies op.107"よりNo.30
    (b) L. Lorenzo: Il "Non plus ultra"del Flautista 18 capricci per Flauto op.34より No.17 "Sogno futuristico"
    (c) E. Bozza: 14 Etudes-Arabesques よりNo.14 Veloce"


12.参 加 料

20,000円、申込み時に下記の振込口座に振り込む(振込手数料は本人負担とする。)こと。ただし、海外在住外国人参加者で予備審査を希望するものについては、予備審査合格通知を受理後、2005年5月20日(金)までに事務局あて納入のこと。
参加料はいかなる事由があっても返還しない。

銀行振込口座: 神戸国際フルートコンクール運営委員会
三井住友銀行 神戸駅前支店
普通預金 313−7651262


13.応募締切

2005年1月31日(月)必着


14.申込先(事務局)

〒650-0017 神戸市中央区楠町4丁目2−2
財団法人神戸市民文化振興財団内
神戸国際フルートコンクール運営委員会
TEL (078)351-3597
FAX (078)351-3121
e-mail: info@kobe-bunka.jp
URL : https://www.kobe-bunka.jp/flute/


15.賞

第1位 賞金 200万円 賞状
第2位 賞金 100万円 賞状
第3位 賞金 50万円 賞状
第4位〜第6位 賞金 20万円 賞状

上記のほか特別賞を授与することがある。
本コンクールの趣旨に賛同する団体および個人から贈られる副賞等を授与することがある。

▲ページトップへ


16.審査発表

第1次予選 2005年8月 7日(日)
第2次予選 2005年8月10日(水)
第3次予選 2005年8月11日(木)
本    選 2005年8月13日(土) 午後


17.審 査

演奏の審査については、別に定める審査規定に基づき、審査委員会がこれを行う。


18.出場者の旅費・滞在費

(1) 出場者の旅費は、本人負担とする。
ただし、海外在住外国人出場者に対しては、居住地の最寄りの空港から関西国際空港に至る最短航空路の往復エコノミー航空料金の半額(ただし50,000円を限度) を主催者が補助する。
(2) 出場者の滞在費は、本人負担とする。ただし、出場者が希望する場合は、開催日の2日前〔8月3日(水)〕からの滞在費を下記により、運営委員会が定める宿舎に限り、主催者が負担する。
(a) 第1次予選出場者…第1次予選終了日の翌朝まで。
(b) 第2次予選出場者…第2次予選終了日の翌朝まで。
(c) 第3次予選出場者…第3次予選終了日の翌朝まで。
(d) 本選出場者…本選終了日の翌朝まで。
(e) 審査委員会が指名する上位入賞者…披露演奏会の翌朝まで。


19.著作権等

本コンクールで行われる演奏についての、録音、放送、レコード販売等に関する諸権利は、主催者に帰属する。


20.そ の 他

(1) 審査委員会が指名する上位入賞者は、2005年8月14日(日)、開催の披露演奏会に出演すること。ただし、出演料は支払わない。
(2) この要項に関して発生する問題については、日本語の本要項に基づき、かつ日本法に準拠して解決される。

▲ページトップへ


PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Reader が 必要です。 Get Acrobat Reader

結果記事−Result出場者紹介予選・本選出演順
KOBEメモリアルコンサートチケット情報他協賛・プレイベント状況
実施要綱課 題 曲予備審査過去の入賞者ト ッ プへ戻る


震災10年事業ロゴマーク
震災10年 神戸からの発信事業


Copyright (C) 2004 Kobe City Office. All rights reserved.