葺合文化センター

「葺合文化センター大ホールありがとうアート」開催のお知らせ

PDFデータのダウンロードこちら

日程:2020/06/26(金)、2020/06/27(土)

会場:葺合文化センター 大ホール

講師:イラストレーターthe rocket gold star、Peelander-Yellow

6月末で閉館する大ホールに神戸の風景をお絵描きしよう!

昭和57年設立の葺合文化センター大ホールが令和2年6月末で閉館します。
長年地域の方々に親しんで頂いたホールの壁を神戸の風景をテーマにしたアートで楽しく彩り、閉館の思い出にしたいと思います。
講師はイラストレーターthe rocket gold starさんとPeelander-Yellowさん!国内はもちろん、海外でのライブペイントにも精力的に取り組んでいるお二人の指導の下、目一杯アートに触れて頂きます!
是非、この機会に子どもから大人の方までご参加頂き、大ホールを楽しいアートで送り出して下さい!

※当初の予定日から変更となりました。

※コロナウイルスの影響により米在住のPeelander-Yellowさんは不在となります。予めご了承ください。

両日ともthe rocket gold starさんが講師を行います。

 

the rocket gold star・Peelander-Yellow共同作品

 

受付開始3月27日(金)~

1.the rocket gold starとPeelander-Yellowのトークショー&ペイントワークショップ

令和2年6月26日(金曜)

トークショー時間:17時30分~18時00分

下絵書き時間:18時00分~20時00分 ※退場は自由です

対象:中学生以上(50名)

※下絵イメージ

 

2.大ホールをアートで楽しく彩ろう!

令和2年6月27日(土曜)

時間:①9時00分〜11時00分 ②13時00分〜15時00分 ※退場は自由です

対象:お子様から大人の方までどなたでもご参加頂けます(各回40名)

※壁画イメージ <お家で描きたいものを考えて来てね!

 

【参加費】 

無料(先着順) ※どちらの日程も汚れても良い服装でお越しください

【申込方法】

■窓口 葺合文化センター(神戸芸術センター6F)
■電話 078-242-0414
■FAX 078-261-0366
①氏名②住所③電話番号④生年月日⑤ご希望の日時をお知らせください。

 

**the rocket gold star(山崎秀昭氏)プロフィール**

1969年 生まれ 神戸市在住
本名 山崎 秀昭 ヤマサキ ヒデアキ
1992年 大阪芸術大学 美術学科卒
1997年 the rocket gold starとして
イラストレ−タ−活動を始める
2001年 有限会社ザロケットゴールドスター設立
2008年 「2コマまんが」を使った小学校への出張授業開始
2013年より摂南大学建理工学部 築学科 機械科で非常勤講師を勤める

受賞歴
神戸新聞広告賞 銀賞
東京糸井重里事務所 第1回ほぼ日まんが大賞 入選
第10回文化庁メディア芸術祭 まんが部門 審査員会推薦作品
神戸新聞広告賞 カラー広告銀賞
第27回新聞広告賞 新聞広告賞(広告主企画部門)

書籍
2009年『なまえのことばえじてん』
2009年『うごきのことばえじてん』(ひかりのくに)
2012年『発想力を鍛える2コマ漫画カード たこマン』(小学館)
2015年『おいしいおふろやさん』(教育画劇)
2015年『てあらいにんじゃバイキンバイバイ!』(フレーベル館)
2016年『チンプンカンプンのおともだち!』(出版ワークス)

仕事遍歴

江崎グリコ「ビスコ」キャラクター にゅうさんきんくん
東京糸井重里事務所 ほぼ日アンケート キャラクター
神戸市立須磨海浜水族園キャラクター
神戸市環境局 ごみ分別キャラクター ワケトン

 

**Peelander-Yellowプロフィール**

兵庫県に生まれたピーランダーイエローこと日置健吾(ひおき・けんご)は、アート系の両親の元に生まれた。幼稚園の頃から絵描きを理由に引きこもり、ひたすらカンバスに色を広げた。大阪芸術大学を卒業後、上京しイラストレーターを目指すが実らない。一旗揚げようとアーティストになるべく1994年にニューヨークにやって来たが、生活が成り立たず・・・。八方塞がりのイエローは、1998年にジャパニーズ・アクション・コミック・パンクバンド「ピーランダーZ」を結成する。そんな中、イエローは密かに絵描きの種まきもしていた。地道に壁画や個人所有のガレージ、台所などに、イエローの「アート」を描いていたのだ。絵とバンドの両立は不可能だと思っていたが、ここ1,2年で「イエローの絵を描いて欲しい」という要望が軒並み増えて来ている。