6月のカルチャー情報一覧

ART[アート]

金×銀×銅 -東洋の金工美術-【白鶴美術館】

KOBE Cultural Infomation01古来から人類にとって重要な素材として活用されてきた金・銀・銅。白鶴美術館が所蔵する、優れた東洋の金工美術を鑑賞できる展覧会です。鍛造で整えられた器の形と彫金による文様が魅力の3000年以上前の古代中国・唐時代の銀器や、粒金の細かな技法が目を引く装身具など、美しい作品の数々が展示されます。それぞれの金属を使用する目的や意味についても紹介します。

画像
展覧会ちらし※掲載内容に一部、変更があります

期間:~6/7(日)※新館は休館
場所:白鶴美術館 本館(神戸市東灘区住吉山手6-1-1)
休館日:月曜
料金:一般600円、大学生・高校生・65歳以上400円、中小200円
問い合わせ:同館(078)851-6001
※新型コロナウイルス感染防止のための、鑑賞にあたっての注意事項などを事前にご確認の上、お出掛けくださいますようお願いいたします。

生誕120年 水彩画家 別車博資展 ~ゆかりの人々とともに~【神戸ゆかりの美術館】

KOBE Cultural Infomation02現在の神戸市兵庫区出身の水彩画家・別車博資(1900~1976)の生誕120年を記念した企画が開催されます。神戸市立博物館や個人蔵の別車博資の作品コレクションと、彼を取り巻く作家たちの作品を展示します。懐かしい神戸の風景が広がります。

画像
別車博資《神戸風景》1955年頃 水彩・紙 個人蔵

日時:~6/28(日)
休館日:月曜※休日の場合は翌日
場所:神戸ゆかりの美術館(神戸市東灘区向洋町中2-9-1)
料金:一般200円、大学生・65歳以上100円、高校生以下無料
問い合わせ:同館(078)858-1520
※新型コロナウイルス感染防止のための、鑑賞にあたっての注意事項などを事前にご確認の上、お出掛けくださいますようお願いいたします。

Treasures of Fashion ヴァレリー・スティールの審美眼【神戸ファッション美術館】

KOBE Cultural Infomation03世界的に著名なキュレーターの視点から、神戸ファッション美術館のコレクションの魅力を再発見する展覧会です。ファッションを扱う教育機関として世界的に有名なニューヨーク州立ファッション工科大学に併設のミュージアムのディレクター兼チーフキュレーター、ヴァレリー・スティールさんが選んだ神戸ファッション美術館所蔵のドレスやファッション写真約150点を展示します。

画像
ローブ・ア・ラ・フランセーズ、1760年頃 フランス

期間:~8/30(日)
休館日:月曜、8/11日(火)※8/10日(月・祝)は開館
場所:神戸ファッション美術館(神戸市東灘区向洋町中2-9-1)
料金:一般1,000円、大学生・65歳以上500円、高校生以下無料
問い合わせ:同館(078)858-0050
※新型コロナウイルス感染防止のための、鑑賞にあたっての注意事項などを事前にご確認の上、お出掛けくださいますようお願いいたします。

※日時・休館日等は変更になる場合があります。
※新型コロナウイルス 感染症の拡大により、掲載の各展覧会・公演の中止または変更が発生する場合があります。開催状況については、各イベント主催者にご確認ください。

 

グレゴール・シュナイダー≪条件付け≫ 【(公財)神戸市民文化振興財団】

昨年秋に神戸で開催された現代アートを取り上げた「アート・プロジェクト:TRANS-」。参加作家の一人で世界的アーティストのグレゴール・シュナイダーの作品が、再び神戸の地に展示されます。何気ない日常から扉の中に足を踏み入れると、時空が捻れたかのような非現実的世界が広がります。

画像

グレゴール・シュナイダー≪条件付け≫展示会場のメトロこうべ

期間:6/6(土)~7/26(日)の土曜・日曜・祝日12時~17時
場所:メトロこうべ(神戸市兵庫区新開地2-3 B-1) ※神戸高速鉄道「高速神戸」駅直結、神戸高速鉄道「新開地」駅直結 ※メトロ卓球場から「新開地」駅方面へ地下街を直進、壁面に大きな鏡の設置があるメトロこうべ中央広場のすぐそば
料金:無料
問い合わせ:公益財団法人 神戸市民文化振興財団(078)361-7105
※新型コロナウイルス感染防止のための、鑑賞にあたっての注意事項などを事前にご確認の上、お出掛けくださいますようお願いいたします。

 

 

地下に眠る神戸の歴史展2020 -平成時代発掘精選- 【神戸市埋蔵文化財センター】

神戸市内各地の遺跡から出土した遺物の調査・整理・収蔵・展示を行う神戸市埋蔵文化財センターが開催する企画展のひとつ。今回は、約30年間の平成の時代に神戸市内で行った発掘調査の中から、選りすぐりの出土遺物を展示します。見どころは、国の重要文化財に指定された西求塚古墳の青銅鏡や神戸市指定の有形文化財に指定された資料。また、豊臣秀吉が通った有馬温泉湯山御殿跡に関する出土品も。約30年間に行われた2,300件の発掘調査を代表する出土品の数々から、古の神戸の姿が浮かび上がります。

画像

新方遺跡出土「鹿角製指輪」(ろっかくせいゆびわ:神戸市指定有形文化財) 弥生時代前期 平成9年(1997)に発掘調査で出土 男性の人骨の右手に付けられた状態で出土した指輪で、2個で1対にしたものが人差し指と中指、薬指に付けられていました。このような状態で見つかった指輪は国内では他にありません。

 

期間:~6/21(日)
場所:神戸市埋蔵文化財センター(神戸市西区糀台6-1 西神中央公園内)
休館日:月曜
料金:無料 問い合わせ:同センター (078)992-0656
※新型コロナウイルス感染防止のための、鑑賞にあたっての注意事項などを事前にご確認の上、お出掛けくださいますようお願いいたします。

 

アイノとアルヴァ 二人のアアルト 建築・デザイン・生活革命 木材曲げ加工の技術革新と家具デザイン 【竹中大工道具館】

会期が延長されて再開しました。 フィンランドを代表する建築家の一人、アルヴァ・アアルトと、同じく建築家として活躍した妻のアイノ・マルシオ(後のアイノ・アアルト)がデザインした家具の中から、木材を曲げて加工する曲げ木の技術に焦点を当てて紹介します。今も世界中で愛される柔らかな曲線が印象的な「アアルト椅子」の魅力を、貴重なオリジナル家具やスケッチ、製作工程の解説を通して伝えます。

画像

展覧会ちらし※会期に変更があります

期間:~8/30(日)
※ホームページに記載の入館予約専用サイトから要予約(当面の間)
場所:竹中大工道具館(神戸市中央区熊内町7-5-1)
休館日:月曜(祝日の場合は翌日)
料金:一般500円、大高生300円、中学生以下無料、65歳以上200円
問い合わせ:同館 (078)242-0216
※新型コロナウイルス感染防止のための、鑑賞にあたっての注意事項などを事前にご確認の上、お出掛けくださいますようお願いいたします。

 

 

神戸の歴史展示室 コレクション展示室 【神戸市立博物館】

昨年11月にリニューアルオープンした神戸市立博物館の2つの展示スペースの鑑賞が再開されました。1階に新設された「神戸の歴史展示室」では、兵庫津や居留地周辺の人々の暮らしを再現した模型等を無料で鑑賞できます。(感染症予防のため一部コンテンツの利用が不可) また、「コレクション展示室」では、所蔵する約7万点の資料から毎回、テーマに沿った作品を展示。今回は「司馬江漢の風景画」「地図で見る世界」「‶涼″のガラス」等がテーマ。常設の神戸市灘区桜ヶ丘で発見された鐘形と武器形の青銅器で国宝の「桜ヶ丘銅鐸・銅戈群」、教科書にも掲載され広く知られる「聖フランシスコ・ザビエル像」(オリジナルは11月に展示)も見どころです。

画像

1階「神戸の歴史展示室」

~6/21(日)
休館日:月曜※祝日の場合は翌日
料金:「神戸の歴史展示室」無料/「コレクション展示室」一般300円、大学生150円、高校生以下無料
問い合わせ:同館 (078)391-0035
※新型コロナウイルス感染防止のための、鑑賞にあたっての注意事項などを事前にご確認の上、お出掛けくださいますようお願いいたします。

コレクション企画展示 小磯・ポーズ・デザイン 【神戸市立小磯記念美術館】

神戸で生まれ神戸を拠点に活動した小磯良平は「デッサンの画家」と称されるほど、卓越した素描力とそれを追究する強い熱意を持った画家でした。特にドガの素描作品に惹かれ、自身の制作に影響を受けていたこと、彼がドガの批評本として知られるポール・ヴァレリー著『ドガ・ダンス・デッサン』を愛読していたことに因み、多彩なデッサン群から選りすぐりの作品を展示します。 「小磯良平作品選Ⅰ」を同時開催。

画像

小磯良平《休息する踊り子》1939年 小磯記念美術館蔵 ※前期(5/24まで)展示

期間:~7/12(日)
場所:神戸市立小磯記念美術館(神戸市東灘区向洋町中5-7)
休館日:月曜 料金:一般200円、大学生100円、高校生以下無料
問い合わせ:同館 (078)857-5880
※新型コロナウイルス感染防止のための、鑑賞にあたっての注意事項などを事前にご確認の上、お出掛けくださいますようお願いいたします。

MUSIC[ミュージック]

HALL de PIANO 【神戸文化ホール】

神戸文化ホールの中ホールを貸し切って、ピアノを演奏できる企画がスタートします。ピアノは、世界3大ピアノのうち「ベーゼンドルファー 280VC」と「スタインウェイ・アンド・サンズ D-274」の2種で、ホールに設置して間もない新しいもの。1回に5名までの利用で、弦楽器の持ち込みが可能。2台のピアノの弾き比べや本格ステージでの演奏体験を味わえます。

期間:6/1(月)~当面の間 【予約完売】
場所:神戸文化ホール 中ホール(神戸市中央区楠町4-2-2)
料金:1時間3,000円※1日最大3時間まで予約可
問い合わせ:同ホール (078)351-3535※
※月曜~金曜の10時~17時
※新型コロナウイルス感染防止のための、鑑賞にあたっての注意事項などを事前にご確認の上、お出掛けくださいますようお願いいたします。

THEATER[シアター]

現在開催予定はございません。

CINEMA[シネマ]

21世紀の資本【元町映画館】

KOBE Cultural Infomation04700ページを超える経済書でありながら300万部の世界的なベストセラーを記録した『21世紀の資本』が映画に。現代は第一次世界大戦前の不平等な時代に戻ってしまっていると警鐘を鳴らした、原作者で経済学者のトマ・ピケティが監修・出演し、世界中の著名な政治・経済学者とともに“格差社会”の真相を分かりやすく伝えます。

画像
©2019 GFC (CAPITAL) Limited & Upside SAS. All rights reserved

期間:6/13(土)~26(金)
場所:元町映画館(神戸市中央区元町通4-1-12)
料金:一般1,700円、シニア1,200円、学生1,000円
問い合わせ:同館(078)366-2636
※新型コロナウイルス感染防止のための、鑑賞にあたっての注意事項などを事前にご確認の上、お出掛けくださいますようお願いいたします。

「ヘアスプレー」「オーケストラ!」
※2本立て【パルシネマしんこうえん】

KOBE Cultural Infomation05昭和46年に開館した「パルシネマしんこうえん」では、ロードショーが終了した作品の中から、テーマを設定して二本立てで名画を上映しています。
「ヘアスプレー」
人種差別が残る1960年代のアメリカを舞台に、人気テレビ番組への出演を夢見る高校生の活躍を描くミュージカル映画。
「オーケストラ!」
かつて天才指揮者として活躍したものの表舞台から去った男性が、かつての楽団仲間を集め、偽の楽団で公演することを目指す物語。
画像
TM & © MMVII New Line Productions, Inc. All Rights Reserved.

期間:6/13土)~19(金)
場所:パルシネマしんこうえん(神戸市兵庫区新開地1-4-3)
料金:一般1,300円、シニア1,100円、大学生900円、高中小800円
問い合わせ:同館(078)575-7879
※新型コロナウイルス感染防止のための、鑑賞にあたっての注意事項などを事前にご確認の上、お出掛けくださいますようお願いいたします。