主催公演情報

ダンス演劇講座・WS発売中主催公演

神戸文化ホール サマージャンボリー2020   ワシュ!ワシュ!アドベンチャー

開催日時 2020年8月15日(土)
2020年8月16日(日)
会場 大ホール
チケット 有料(各プログラムごと/一部無料)
※予約が必要なプログラムあり
※予約フォームは下段にあり
主催 (公財)神戸市民文化振興財団 神戸文化ホール
助成 助成:文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)独立行政法人日本芸術文化振興会
お問い合わせ 神戸文化ホール TEL:078-351-3397

お客様へのお願い

本イベントは、新型コロナウイルス感染症対策を講じて開催いたします。
下記の「お客様へのお願い」から、内容をよくお読みになり、ご了承の上お申し込みくださいますようお願いいたします。

お客様へのお願い

大人と子どもがいっしょに楽しむ、フェスティバル!

サマージャンボリーは神戸文化ホールをアートのテーマパークに見立て、さまざまな人々が世代や言語や障害を越えて、集い、交流し、楽しくアートに親しむフェスティバルです。
ウィズコロナでの開催は 感染防止対策のため、実際に会場を訪れ、瞬間に立ち会う人数を制限しますが、後日改めて配信というスタイルで、フェスティバルの意義や楽しさを広く発信することを企てています。

ウィズコロナの社会で 劇場はどんなことができるのか?

神戸文化ホールでは、アフターコロナにおける地域の文化施設の役割を探りながら、新たな気づきを提案するアーティストや地域の暮らしをサポートする人たちとともに「新しい広場」「世界の窓」として、さまざまな立場の多くの方々から愛され親しまれるホールを目指し、サマージャンボリーを開催いたします。

≪8月15日(土)≫開催プログラム

●ホールで遊ぼう「忍者になってディスタンス!」※要予約

参加者が忍者になって、めったには入れないホールの奥深くを遊びながら探検しよう!

日時:8月15日(土)Ⓐコース 10:00開始/Ⓑコース 11:30開始(受付は各20分前)※ⒶⒷコース共、内容は同じです。
定員:各20
対象:小学生
所要時間:各60
会場:大ホール全体
★参加無料(風呂敷とマスクを一人一枚用意してください)

ナビゲーター:NPO法人アフタフ・バーバン関西
広く子どもから大人に対して、あそび・表現活動を通じて、共に遊び合い、関わり合う中で、一人一人が自分らしく表現することを目指し、豊かな遊び環境および豊かな地域社会をつくり出すことを目的に活動している。

 

●ワークショップ「ミニちんどん太鼓をつくろう」
※定員に達したため予約受付を終了しました。

夏休みの自由研究にもいかせる“オリジナルちんどん太鼓”をつくります。
完成した太鼓を奏でながらみんなでホール周辺をちんどんパレードします。

日時:8月15日(土)14:00開始(受付は30分前)
定員:12名 ※マスク着用
対象:4歳~小学6年生(小学3年生までは保護者1名同伴)
所要時間:80
会場:大ホールロビー
参加費:500円

講師:ケセランぱさらん ~音曲パラダイスショー~    
ちんどんスタイルの音楽を通じてケセラセラと笑いと元気を届ける太田てじょん・深田純子の二人ユニット。手作り楽器の制作指導にも定評があり、自分ならではのオリジナル楽器を作って楽しむことを提案している。

 

●足穂×狂言による朗読劇 「チョコレット」※要予約

稲垣足穂のほうき星をめぐる不思議なファンタジー童話を狂言の語り口で楽しむ新しい朗読劇です。

日時:8月15日(土)17:00開演(受付は45分前)
定員:50名 ※マスク着用
対象:小学4年生~大人
所要時間:50分
会場:大ホール舞台上
入場料:15歳以下(U15)/500円、25歳以下(U25/1,000円、一般/2,000

原作:稲垣足穂 
台本/演出:岩崎正裕(劇団太陽族)
音響:Alain Nouveau  
協力:稲垣都 伊丹市立演劇ホール

出演:善竹忠亮
大蔵流狂言方。曾祖父善竹彌五郎は狂言界初の人間国宝。四歳で祖父、先代・善竹忠一郎に手解きを受け、以降、父・忠重に師事。先代宗家をはじめ、一族の諸兄にも教えを受ける。主に京阪神を中心に、狂言教室など普及活動にも熱心に取り組む。

≪8月16日(日)≫開催プログラム

ちょっと不思議な人形劇「グリムのかばん」※要予約

トランクの中から次々と飛び出すユーモラスな木製人形や台所用品が、笑いたっぷりにグリム童話の三本立てを演じます。

日時:8月16日(日)11:00開演(受付は45分前)
定員:50名 ※マスク着用
対象:小学生~大人
所要時間:60分
会場:大ホール舞台上
入場料:15歳以下(U15)/500円、25歳以下(U25/1,000円、一般/2,000

作・演出・出演:くすのき燕(人形芝居燕屋)
出演・作・演出・制作・海外劇団の招聘など人形劇の領域を幅広く手掛け、劇場、学校、病院、フェスティバル、テレビなど国内外を問わず多彩なフィールドで活動する。現在、映像出演や他劇団の演出など一層多面的な活動を展開している。

 

ワークショップ「ペパニカをつくろう」※要予約

紙でつくる手のひらサイズのアコーディオン・ペパニカ。おしゃれな仕上がりは楽器としてだけでなく卓上のかわいい装飾にもピッタリです。

日時:8月16日(日)14:00開始(受付は30分前)
定員:16名 ※マスク着用
対象:12歳~大人
所要時間:90分
会場:大ホールロビー
参加費:1,000円※材料代を含まない特別価格

講師:岡田路子
大阪芸術大学映像学科卒業。現職のアコーディオン専門の修理・調律師。 2012年じゃばらの研究をしていてペパニカを考案する。 その後、全国各地のカフェや雑貨屋でワークショップを開催。2017年には自分で作れるペパニカのキットの販売も手掛ける。

 

●屋外パフォーマンスnomad note dance ~フィナーレ~ ※予約不要

神戸文化ホールの周りで、オリジナル楽器“nomad note box”を奏でながらダンスパフォーマンスを繰り広げます。夕涼みもかねて是非お立会いください!
※雨天の場合は大ホール内で実施の予定です。

日時:8月16日(日)17:00頃開始 ~ 大倉山公園円形噴水広場前 ~ 神戸市立中央体育館前広場 ~ 神戸文化ホール正面玄関前 ~18:00頃終了
★観覧無料

ダンス:nomad note dance
2015年結成。茶筒的空圧で押し引きすると音の出る箱“nomad note box”を使ったダンス・パフォーマンス。ダンサー自らが箱を奏でながら踊り、空間を行き交い、音と動きで観客を楽しませる。2016,2019年 瀬戸内国際芸術祭参加。2018年 旧グッゲンハイム邸でソロ公演。

各プログラムの申し込み方法

本イベントは、新型コロナウイルス感染症対策を講じて開催いたします。
下記の「お客様へのお願い」から、内容をよくお読みになり、ご了承の上お申し込みくださいますようお願いいたします。

お客様へのお願い

下記、予約フォームからお申し込みください。

▶予約フォーム

また、FAX(078-351-3121)をご利用の方は下記の事項を記載の上、お申し込みください。

①氏名(ふりがな) 年齢/学年 ③性別 住所 ⑤電話番号 ⑥メールアドレス(もしくは電話番号)⑦参加プログラム

※各プログラムとも定員になり次第締め切ります。
※チケットの受け渡し・ご精算は当日となります。受付時にご予約名をお申し出ください。
※参加費はおつりの無いようにご準備をお願いいたします。

みなさんが今感じていることを自由に発信してみませんか。

●meets[密]ソーシャルメッセージ in サマージャンボリー メッセージ募集中

コロナ自粛中に、心配だったこと、暇つぶしにやってみたこと、コロナがあったから気づいた発見、コロナ前とは変化した考え方etc.
みなさんが♯STAY HOME中に感じたこと、今感じている想いを自由に記したメッセージを募集します。届いたメッセージは、サマージャンボリー会期中の二日間、大ホールロビーに掲示します。

展示日程:8月15日(土)・16日(日)※サマージャンボリー会期中
展示場所:大ホールロビー

≪メッセージの届け方≫
下記の、投稿フォームにアクセスの上、投稿内容を送信下さい。

▶投稿フォーム

★投稿メッセージは、所定の用紙に印字の上、サマージャンボリー当日に展示し、ご来場者に公開します。
また、展示されたメッセージは、神戸文化ホールの公式HPやSNS、配信映像等の各媒体、そのほか来場者の発信媒体にて二次公開される可能性があります。予めご了承ください。

問合せ先

神戸文化ホール  TEL:078-351-3397(9:00~17:30)

主催:公益財団法人神戸市民文化振興財団 神戸文化ホール
助成:文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)
   独立行政法人日本芸術文化振興会