主催公演情報

ダンス発売中主催公演

貞松・浜田バレエ団特別公演「創作リサイタル31」

開催日時 2020年3月14日(土) 18:00開演(17:15開場)
会場 中ホール
チケット S席¥5,000/A席¥4,000/B席¥2,000【全席指定・税込】
※5歳以上から入場可(膝上不可)
チケット発売 会員先行:2019年11月7日
一般発売:2019年11月14日
チケット取り扱い 神戸文化ホールオンラインチケット
チケットぴあ (Pコード:498-544)
ローソンチケット (Lコード:51408)
主催 (一社)貞松・浜田バレエ団
共催:(公財)神戸市民文化振興財団 神戸文化ホール
お問い合わせ 神戸文化ホールプレイガイド 078-351-3349

今回、全ての作品は日本のバレエ団として初演になります。特にアレクサンダー・エクマン作品“ Cacti ”は世界の著名なバレエ団が上演しており、世界のコンテンポラリーダンスの最前線をご覧いただける公演です。

プログラム

Cacti(日本初演)・・・ 振付:Alexander Ekman
「新作」・・・ 振付:Adi Salant
「新作」・・・ 振付:大石裕香

振付

Alexander Ekman

Photo credit by Ann Ray

スウェーデン出身の気鋭の振付家 アレクサンダー・エクマン作品「CACTI」世界の著名なバレエ団が上演しており、世界のコンテンポラリーダンスの最前線をご覧いただける公演です。

日本のバレエ団として初演になります。

Adi Salant

photo credit by Lilach Raz

バットシェバアンサンブルにて2年踊った後、バットシェバ舞踊団と契約、5年間在籍する。
同舞踊団退団後、オハッド・ナハリンに指名され、彼のメインアシスタントとして世界中の多くのバレエ団のナハリン作品のコーチングを手掛ける。
2009年よりバットシェバ舞踊団のCo-Artistic Directorに指名され8年間ナハリン氏と共に芸術監督を務める。
2017年よりこれまでの経験を生かし世界中でワークショップを行うと共に、振付家として作品を発表している。

大石裕香

Photo credit by Gregory Batardon

大阪府堺市出身。3歳でバレエを始める。
大屋政子バレエ研究所に所属しバレエを学ぶ。

2000年 ドイツ、ハンブルクにあるハンブルクバレエ学校シアタークラスに留学。
2002年 ハンブルクバレエ団に研修生として入団し、2003年より正団員になる。
2010年 日本人初の女性ソリストに昇格。

ノイマイヤー、バランシン、ニジンスキー他、様々な振付家作品に出演。
2011年 舞台人としての姿勢と創作活動への意欲を認められ、ハンブルク州立オペラからオーバー ドルファー賞を受賞。
2012年 同ハンブルクバレエに所属していたオーカン・ダンとの共同演出、振り付け作品 “Renku” をハンブルクバレエ団に振付け、その作品がベストプロダクション・オブ・ザ・イヤーとして高く評価されロルフ・マーレス賞を受賞。
2014年 東京バレエ団、ジョン・ノイマイヤー版『ロミオとジュリエット』振付け指導
2015年 ハンブルクバレエ団を退団しフリーランスの振付家として活動を始める。